キラキラ共和国

著者 :
  • 幻冬舎
4.07
  • (108)
  • (145)
  • (75)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :1313
  • レビュー :150
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作『ツバキ文具店』の続編。前作を読んだのがかなり前だったので、必死に記憶を絞りだしなから読んだ。大きな事件が起きたり、他人に物凄く嫌な事をされない、ただ日常を大事に生きている事が描かれている。こんな風にじっくりと腰を据えて優しい時間を過ごしたいと思った。盲目の少年が母親に宛てた手紙、美雪さんが残した日記など、愛に溢れていた。

  • ツバキ文具店の続編。ぽっぽちゃんが少しずつ家族の絆を深めて行きながら、成長していく過程がね。ほんわかしました。

  • やさしい。やわらかい。あたたかい。
    『ツバキ文具店』が帰ってきた。
    家族になるという事。
    母親になるという事。
    遺され、生きていくという事。
    人の温もりを噛みしめる。

  • ツバキ文具店の続編。代筆のほかにすすむ人間関係。それとおいしそうなはなしも。
    あいかわらずおちつく文体。
    C0093

  • ミツローさんと結婚してQPちゃんのお母さんになったポッポちゃんは感じる世界が変わって、家族に深い愛情を持ち温かい気持ちになった。代書屋としても伝えたい言葉、聞きたかった言葉を代書して素晴らしいと思った。

  • ツバキ文具店の続編
    またNHKのドラマになるのだろうな。
    予想外れにはならないストレートな展開ながら、相変わらず澄んでいるというか美しい。
    ピンポイントだが、オリベッティのタイプライターが突然出てきたことでさらに親近感が湧いた。

  • 物語が発展。生まれてきた家族から、新しい家族へ。いろんな夫婦、親子の形がある。違う価値観はぶつかり合うけれど、言葉を通して伝え合うことは大切なんだ。行動が違うだけで、底にある考えは一緒だったりする。言葉にする助けとして、手紙や代書がある。大切な人と、話す時間を大事にしよう。凹んだときは、キラキラ。素敵な言葉だ。ツバキ文具店を読んだ後、何度この言葉に救われたか。これからも、心にキラキラを忘れずにいたい。

  • 『ツバキ文具店』を読んでいたので、本作も読んでみました。
    『ツバキ文具店』同様「家族」をキーワードに物語が進んでいきます。
    文章も読みやすく、物語も退屈しない内容で一気に読めてしまいました。
    ただ、続き物なので仕方ないのですが、『ツバキ文具店』を読んでいないと人間関係が全く分かりません。説明があれば親切かなと思いました。

  • ツバキ文具店の続編ながら、主人公鳩子の環境が変わり、ストーリーにも大きな変化が。
    ツバキ文具店のほうが、代書のことが丁寧に扱われていたような気がする。読みやすくて楽しめたけれど、期待とはすこしズレていたかな。

  • 前作と同じトーンで穏やかな気持ちで読了しました。主人公が結婚をし、その後の過程が丁寧に書かれておりました。周りの登場人物達との関係が良好なのはホッとしましたが、いくつか不安や疑問が残る終わり方でした。続編があると思うので次回作も楽しみに待ちたいと思います。

全150件中 71 - 80件を表示

小川糸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする