小川糸のおすすめランキング

プロフィール

1973年生まれ。 2008年に発表した小説『食堂かたつむり』が映画化され、ベストセラーに。 同書はイタリアのバンカレッラ賞と、フランスのウジェニー・ブラジエ小説賞を受賞した。その他の主な著書に、『まどれーぬちゃんとまほうのおかし』、『ファミリーツリー』、『リボン』、『にじいろガーデン』、『つるかめ助産院』、『サーカスの夜に』などがある。

「2015年 『かようびのドレス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川糸のおすすめランキングのアイテム一覧

小川糸のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)』や『食堂かたつむり』や『ライオンのおやつ』など小川糸の全74作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)

10009
3.60
小川糸 2010年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

牛:約3,200頭、豚:約45,000頭、鶏:約175万羽。 この数が一体何の統計値なのかお分かりになるでしょうか?これは、この国で一日に屠殺される家畜の... もっと読む

食堂かたつむり

6765
3.63
小川糸 2008年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「トルコ料理店でのアルバイトを終えて家に戻ると、部屋の中が空っぽになっていた。もぬけの殻だった。」(3ページ) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~... もっと読む

ライオンのおやつ

5176
4.28
小川糸 2019年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川糸さんのミトンを読んで、とても面白かったので、続いて「ライオンのおやつ」を読みました。 瀬戸内に浮かぶレモン島にあるホスピス「ライオンの家」が舞... もっと読む

ツバキ文具店

5062
4.15
小川糸 2016年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鎌倉を舞台に、文具店を継いで代書屋となる若い女性。 書くことが難しい手紙を、よく話を聞いて代わりに書いて出すという。 あたたかい気持ちになれる優しい物... もっと読む

ツバキ文具店 (幻冬舎文庫)

3144
4.17
小川糸 2018年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川糸は、好みの文体なのでハマることを怖れて手をつけなかった。昨年夏に妹が脚を骨折して2ヶ月間入院した。暇なんでなんか本を持ってきて、とのたまうので宮部み... もっと読む

つるかめ助産院 (集英社文庫)

2960
3.79
小川糸 2012年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川糸の作品は自分にとっては 評価が分かれる。 これはふーん。の方だ。 生い立ち、死産、出産。 みんなが身ごもるわけではないし みんなが親になれるわけで... もっと読む

キラキラ共和国

2909
3.96
小川糸 2017年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そもそも、順番が逆なのだが、「ツバキ文具店」を読む前にこちらから先に読んでしまった(-_-) 鎌倉には以前から行きたいと思っているのだが、残念ながらまだ... もっと読む

喋々喃々

2249
3.62
小川糸 2009年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京・谷中でアンティークきもの店「ひめまつ屋」を営む栞の1月から12月の1年間の出来事の物語 ゆったりと流れる時間を綺麗な文章で表現してあり、ほっとする様... もっと読む

([お]5-2)喋々喃々 (ポプラ文庫)

2227
3.74
小川糸 2011年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

着物にまつわるあれこれ 丁寧に作られた美味しいごはん 季節の行事を大切にする暮らし ご近所さんとの昔ながらのお付き合い 静かで 丁寧で ほっこりした暮らし... もっと読む

あつあつを召し上がれ (新潮文庫)

2220
3.57
小川糸 2014年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R1.8.16 読了。  大切な誰かとの食事を通した短編集。「バーバのかき氷」「親父のぶたばら飯」「こうちゃんのおみそ汁」が良かった。また、どの作品... もっと読む

あつあつを召し上がれ

2119
3.30

感想・レビュー

十割蕎麦、『つなぎ』を使っていない蕎麦粉だけで打ったその蕎麦を初めて食べたのは、義父の家でした。蕎麦打ちが趣味だった義父。『たくさん、食べろ』と笑顔で呼び... もっと読む

つるかめ助産院

1993
3.70
小川糸 2010年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夫が失踪し、ふらふらと思い出の南の島を訪れたまりあ。島をポツンと一人歩いているときに声をかけてきたのが、島の助産院のつるかめ先生だった。まりあはつるかめ先... もっと読む

キラキラ共和国 (幻冬舎文庫)

1625
4.11
小川糸 2019年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰かのことを思い、思いやり、そして手紙を書く。そんなこともめっきり少なくなった今の時代。でも、伝えたいことがある、思いを伝えたい人がいる、そんな人たちの思... もっと読む

さようなら、私 (幻冬舎文庫)

1423
3.20
小川糸 2013年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今期ドラマの原作と勘違いしたけど、あちらは岡田惠和さんの「さよなら私」でした。。 モンゴル、カナダ、おっぱいの森。 仕事のこと、不倫や実母との確執... もっと読む

ファミリーツリー

1249
3.18
小川糸 2009年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙絵の中の草原を楽しげに駆けまわる白い犬を目にしただけで 涙が溢れてしまうほど、犬の「海」が素敵です。 曇りのない瞳で飼い主の流星をまっすぐ見つめ、 ... もっと読む

にじいろガーデン

1153
3.47
小川糸 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「サザエさん症候群」、日曜日の終わりの憂鬱さを象徴するこの言葉。私も例に漏れず「サザエさん」はすっかり見なくなって久しいですが、思えばサザエさんを中心とし... もっと読む

リボン (一般書)

1089
3.47
小川糸 2013年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとりっ子で、しかもひ弱で、あまり外で遊べなかったので 犬や猫から小鳥・栗鼠・亀まで、いろんな動物に寄り添ってもらって生きてきました。 その中にはオカ... もっと読む

ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)

982
3.25
小川糸 2010年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家・小川糸さんの日記エッセイ。 夫のことをペンギンと呼んでいるのが可愛らしい。 お料理のことがたくさん書かれていて、私もこんなあたたかい料理を作りたいな... もっと読む

たそがれビール (幻冬舎文庫)

975
3.28
小川糸 2015年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川糸さん 3冊目。 この本 食堂かたつむりと一緒に買ってたから読めたけど そうじゃなかったら たぶん読んでないな。これだけじゃなく ほかの本も。結論 一... もっと読む

サーカスの夜に

879
3.26
小川糸 2015年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母が、サーカスが好きで、居住都道府県でサーカスがある時は付き合わされる。一昨年は、木下大サーカスやシルク・ドゥ・ソレイユのキュリオスに行った。 シルク・ド... もっと読む
全74アイテム中 1 - 20件を表示

小川糸の関連サイト

小川糸に関連する談話室の質問

ツイートする
×