小川糸のおすすめランキング

プロフィール

小川 糸(おがわ いと)
1973年生まれ、山形県出身の小説家であり、作詞家・翻訳家でもある。作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。
2007年に初の絵本を上梓し、さらに翌2008年に小説『食堂かたつむり』を発表。同作は第1回ポプラ社小説大賞に応募し、最終選考にも残らなかった作品だったが、目に留めた編集者によって刊行され、ベストセラーとなり映画化された。同作は、2011年7月、イタリアの文学賞である、バンカレッラ賞料理部門賞も受賞している。
2017年、『ツバキ文具店』が「本屋大賞2017」で第4位にノミネート。ドラマ化もされた。続編『キラキラ共和国』も発行、代表的シリーズかつヒット作となっている。
その他代表作として、テレビドラマ化された『つるかめ助産院~南の島から~』。

小川糸の関連サイト

小川糸のおすすめランキングのアイテム一覧

小川糸のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)』や『食堂かたつむり』や『ツバキ文具店』など小川糸の全54作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)

8521
3.61
小川糸 2010年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずっと読もうか悩んで読まず、『蝶々南々』を先に読んで、 割と良かったのでこちらも読んでみました。 たぶん、こっちを先に読んでいたら『蝶々〜』は読ん... もっと読む

食堂かたつむり

6492
3.63
小川糸 2008年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おいしそうな料理がたくさんでてきて、どれも食べてみたいな~と思った。 こんな食堂が近くにあったらいいな。 もっと読む

ツバキ文具店

3937
4.16
小川糸 2016年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鎌倉を舞台に、文具店を継いで代書屋となる若い女性。 書くことが難しい手紙を、よく話を聞いて代わりに書いて出すという。 あたたかい気持ちになれる優しい物... もっと読む

つるかめ助産院 (集英社文庫)

2318
3.80
小川糸 2012年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

命の大切さを改めて実感しました。 こんな南の島の助産院で出産できたら幸せだろうな~と思う。 生まれてきてくれてありがとう、私を母に選んでくれてあり... もっと読む

喋々喃々

2107
3.62
小川糸 2009年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

約4年ぶりに再読。 好きだけど嫌い、嫌いだけど好きな話なので、評価せず。 《嫌いなところ》 ・ふわふわとオブラートに包んでいる表現ではあるけれど... もっと読む

あつあつを召し上がれ

1945
3.30
小川糸 2011年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小さい頃、人見知りだった私がしょんぼりしているといつも、 母は油にドーナツ生地をぽとんぽとんと落としては、こんがりと揚げてくれました。 「ほら、これ、何に... もっと読む

([お]5-2)喋々喃々 (ポプラ文庫)

1905
3.76
小川糸 2011年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川糸さんの「暮らし」の描写がとても素敵だなーと改めて思う。 谷中の下町風情に溢れる景色の描写もとても素敵。 気持ちの余裕がない時にこういうしっかり丁... もっと読む

キラキラ共和国

1891
3.97
小川糸 2017年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伝えたい思い、聞きたかった言葉、承ります。『ツバキ文具店』待望の続編。 ポッポちゃんは自分のキラキラ共和国を作ろうと頑張っている。私はポッポちゃんを... もっと読む

つるかめ助産院

1856
3.71
小川糸 2010年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドラマの方は見逃してしまいました… 小川さんの作品はいつも食べものの描写が丁寧で、読んでいるとお腹がすいてしまいます。殻まで柔らかい海老のココナツカレー... もっと読む

あつあつを召し上がれ (新潮文庫)

1528
3.57
小川糸 2014年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹鳴る鳴る( >_<) 僕にとって小説でも映画でも 食べるシーンがちゃんと書けてるか書けてないかが その作品に入り込めるかどうかのひとつ... もっと読む

さようなら、私 (幻冬舎文庫)

1158
3.23
小川糸 2013年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今期ドラマの原作と勘違いしたけど、あちらは岡田惠和さんの「さよなら私」でした。。 モンゴル、カナダ、おっぱいの森。 仕事のこと、不倫や実母との確執... もっと読む

ファミリーツリー

1140
3.18
小川糸 2009年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙絵の中の草原を楽しげに駆けまわる白い犬を目にしただけで 涙が溢れてしまうほど、犬の「海」が素敵です。 曇りのない瞳で飼い主の流星をまっすぐ見つめ、 ... もっと読む

リボン (一般書)

972
3.45
小川糸 2013年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとりっ子で、しかもひ弱で、あまり外で遊べなかったので 犬や猫から小鳥・栗鼠・亀まで、いろんな動物に寄り添ってもらって生きてきました。 その中にはオカ... もっと読む

にじいろガーデン

964
3.47
小川糸 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川さんの本は大衆向けだなっていつも思う。例え今回のようにレズビアンをテーマに入れたとしても。面白い面白くないで聞かれたら面白い。けれど好きか嫌いかって言... もっと読む

ツバキ文具店 (幻冬舎文庫)

934
4.16
小川糸 2018年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先代から代書屋を引き継いだ主人公の、代書の依頼者や近所の人たちとの交流を描いたこの小説は、読者の心にポッと温かい灯りを燈してくれる。 さらに、主人公が訪... もっと読む

ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)

822
3.23
小川糸 2010年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「食堂かたつむり」や「海へ、山へ、森へ、町へ」があまりに素敵だったので手にしてみた一冊。 日々のことが、短く、ぽつりぽつりとで、それでいてどれもがつなが... もっと読む

サーカスの夜に

728
3.28
小川糸 2015年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

両親が離婚し、祖母と二人で暮らす13歳の少年。彼は病気のせいで身長が伸びずにいたが、かつて両親と観たサーカスを忘れられず、入団を決意する。彼をとりまくサー... もっと読む

たそがれビール (幻冬舎文庫)

685
3.16
小川糸 2015年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この間、篠田節子著『寄り道ビアホール』を再読した流れ(?)で、タイトルに魅かれ、そしてジャケ買い(カバーイラストがグ~)。 著者の作品を読むのは初めてだ... もっと読む

([お]5-3)ファミリーツリー (ポプラ文庫)

656
3.33
小川糸 2012年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前、ブクログのフォロワーさんのレビューで気になっていた1冊「ファミリーツリー」です。  眩しく懐かしい。私も婆ちゃんっ子でしたから、菊さんと祖母が... もっと読む

スタートライン―始まりをめぐる19の物語 (幻冬舎文庫)

533
2.80
小川糸 2010年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みはじめるまえ、 そのタイトルからもっとはっきりとなにかをはじめるシーンが 描かれているのかと思っていた。 エール的なものなんて、ものすごく想像し... もっと読む
全54アイテム中 1 - 20件を表示

小川糸に関連する談話室の質問

ツイートする