松村栄子のおすすめランキング

松村栄子のおすすめランキングのアイテム一覧

松村栄子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『([ん]1-4)明日町こんぺいとう商店街 (ポプラ文庫)』や『雨にもまけず粗茶一服』や『金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前に 2 昼下がりに読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-12)』など松村栄子の全57作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

([ん]1-4)明日町こんぺいとう商店街 (ポプラ文庫)

489
3.51
大島真寿美 2013年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大山さんの「あずかりやさん」で大好きになった明日町こんぺいとう商店街。 その商店街に七人の作家さんがお店を開店。 読んだことのない作家さんが3人。... もっと読む

雨にもまけず粗茶一服

272
3.78
松村栄子 2004年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了日 2018/08/21 談話室で紹介頂いた一冊。 もっと読む

金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前に 2 昼下がりに読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-12)

187
3.34
あさのあつこ 2009年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かんと晴れた日の午睡に見る、ぐんにゃりと気怠い夢のようなYAアンソロジー。ある程度読書の好きな層向けという印象。 「君に連帯のメールを」"面倒な女は、い... もっと読む

僕はかぐや姫

173
3.92
松村栄子 1991年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こうやってまた手に取ってしまう、そんな一冊。 読み終わるたびにいつもすっと何かが洗われて、再び何かで満たされるような、このひとからはいつもそんなものを感... もっと読む

風にもまけず粗茶一服

142
3.92
松村栄子 2010年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遊馬の、何だか逃げてばかりいる生き方にイライラさせられた前作。 京都で出会った人々のおかげでちょっとずつ変化してきた彼は、比叡山で修行(?)を始めます。... もっと読む

僕はかぐや姫 (福武文庫)

134
3.97
松村栄子 1993年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編がふたつ入っていた/ 僕はかぐや姫+人魚の保険/ 僕はかぐや姫は、僕っ子のリアルな一面なのだろうか/ 男でなく、かといって女であることも当たり前に受け... もっと読む

紫の砂漠 (ハルキ文庫)

128
3.89
松村栄子 2000年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋さんに行ったとき、表紙とタイトルに一目ぼれして、購入した本です。 ・・ええ、購入を決めたときには、中身をあんまり読んだ記憶はございませぬ・・。 ... もっと読む

雨にもまけず粗茶一服〈上〉 (ピュアフル文庫)

122
3.57
松村栄子 2008年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

弓道、剣道、茶道の家元の嫡男遊馬が、京都で外から自分を見直していく。というところまでは全然いかなかった。 はじめは無鉄砲で、滅茶苦茶で、空気も読めない遊... もっと読む

(P[ま]1-2)雨にもまけず粗茶一服<上> (ポプラ文庫ピュアフル)

121
3.63
松村栄子 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の遊馬(アスマ)の行き当たりばったりなところが、今時男子っぽくていい。しかも小規模とはいえ、茶道家元の跡取り息子なのに…なのか、だから…なのかは微妙... もっと読む

雨にもまけず粗茶一服〈下〉 (ピュアフル文庫)

101
3.73
松村栄子 2008年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宗家巴流の跡継ぎ問題に行馬の上京(京都)、カンナの恋やら幸麿先生の掛け軸騒動やら遊馬に弟子ができるやら、とにかくドタバタしていたが、登場人物が皆魅力的で面... もっと読む

(P[ま]1-3)雨にもまけず粗茶一服<下> (ポプラ文庫ピュアフル)

101
3.76
松村栄子 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろい。「イタイ」若者がこれからどんなふうに生きていくのか、ますます先が楽しみ。 わからないことをわからないと言うことは、時に難しいけど大切だと... もっと読む

詩人の夢 (ハルキ文庫)

83
3.79
松村栄子 2001年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まさか続編がでると思わなかった。 ラノベ表紙がつけられるとも思わなかった。びっくりした。 装幀 / 伸童舎 フォーマット・デザイン / 芦澤 泰... もっと読む

(P[ま]1-4)風にもまけず粗茶一服 (ポプラ文庫ピュアフル)

81
4.08
松村栄子 2014年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろかった。少しの突っ込みどころを残して… このシリーズの本との出会いは新聞の下の広告。新聞を読む楽しみの一つがこの広告との出会い。 ただ紹介... もっと読む

Talkingアスカ (ピュアフル文庫)

78
3.49
松村栄子 2007年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「みじかい眠りにつく前に」で「窓」を読んで松村栄子さんの他の作品も気になり本作を。表題作の「Talkingアスカ」もよかったけど、やっぱり「窓」が一番よく... もっと読む

ひよっこ茶人、茶会へまいる。 (朝日文庫)

74
3.29
松村栄子 2011年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

粗茶一服シリーズの完結に伴ひ、読んでみることに。 どれほど彼女がお茶に魅了されたかはシリーズを見ればわかるが、さうした体験の底に、ここで書かれた茶人の奮闘... もっと読む

至高聖所(アバトーン)

63
3.83
松村栄子 1992年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作は芥川賞受賞作品。 孤独な個と個が響きあうとき、ひとは他者という存在、自分という存在に初めて近づくことができる。眠ることで現実は何一つ変わらないし... もっと読む

花のお江戸で粗茶一服

37
4.33
松村栄子 2017年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

茶道・剣道・弓道の三つを伝える流派の後継ぎという立場に反抗してきた遊馬。東京に戻り、髪も一時黒に戻したのにまたメッシュを入れたのに父親は激怒……でも遊馬は... もっと読む

至高聖所(アバトーン) (福武文庫)

34
3.50
松村栄子 1995年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうも再読らしい、ほんとに全く覚えていない。 で読んでみたが、うーん。この作品のどこに刺激があって芥川賞なる賞が取れるのか見当がつきません。 確かに学... もっと読む

生誕

28
3.47
松村栄子 1999年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の一番小さい頃の記憶は人それぞれ古さが違うだろうが、この主人公は胎内の記憶を持っているという。自分の原初の記憶を頼りに、もう一人の自分(胎内での記憶に... もっと読む
全57アイテム中 1 - 20件を表示

松村栄子に関連する談話室の質問

ツイートする