小田島雄志のおすすめランキング

プロフィール

1930年生まれ、東京大学英文科卒業。英文学者。演劇評論家、東京大学名誉教授。シェイクスピアの全戯曲37編の個人全訳である「シェイクスピア全集」など訳書多数。

「2018年 『クマのプーさんとぼく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小田島雄志のおすすめランキングのアイテム一覧

小田島雄志のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ガラスの動物園 (新潮文庫)』や『欲望という名の電車 (新潮文庫)』や『ハムレット (白水Uブックス (23))』など小田島雄志の全249作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ガラスの動物園 (新潮文庫)

932
3.69

感想・レビュー

著者テネシー・ウィリアムズの自伝的要素が強い戯曲形式の小説。登場人物は、夫に逃げられた母親、足の障害で引きこもる姉、家出を試みる文学少年の弟、そして後半に... もっと読む

欲望という名の電車 (新潮文庫)

805
3.63

感想・レビュー

 アメリカの戯曲だった。  私は、自分の都合のいいように人を騙して生きるブランチがいやだと思ったと同時に、そうしてまで誰かに肯定されていないと生きられな... もっと読む

ハムレット (白水Uブックス (23))

353
3.73

感想・レビュー

「演劇論」の課題。改めて読むと、先王の妻、ハムレットの母の再婚は性急で、不倫の匂いがします。ハムレットが見た亡霊は妄想でしょう。マザコンの彼は母の再婚が認... もっと読む

夏の夜の夢 (白水Uブックス (12))

309
3.56

感想・レビュー

舞台はギリシャ・アテネ。それぞれの愛を突き通そうとするアテネの公爵たち、夫婦げんか真っ只中の妖精たち、舞台の練習に励む職人たち。 下っぱの妖精が「恋わず... もっと読む

ロミオとジュリエット (白水Uブックス (10))

292
3.53

感想・レビュー

お話を知りたく、手に取りました。読んでいて、悲しいお話だなぁ、思ったのですが、お話の終わりに、カタルシスを感じ取りました。本を読んでみて、実際に、演劇鑑賞... もっと読む

マクベス (白水Uブックス (29))

284
3.53

感想・レビュー

12月21日に新国立劇場の資料室で2000年9月27日に上演された鹿賀丈史さんがマクベス役の舞台の台本を読んだ。その後、映像ライブラリを30分ほど見た。こ... もっと読む

テンペスト (白水Uブックス (36))

229
3.45

感想・レビュー

今読んでいる本の底本になっているので、途中で、あかんどんな話か忘れてる!と思って読み直し。 シェイクスピアはいろんな訳があるけれど、わたしはこの小田島さん... もっと読む

もうすぐ絶滅するという煙草について

221
3.24
芥川龍之介 2018年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「喫煙者の言い訳集」ですね、これ。 中には非喫煙者のコメントもありますけど。 見苦しさ満載で、そこが面白い、という人もいれば、つまらない、とい... もっと読む

クマのプーさんの哲学

217
3.16

感想・レビュー

「プーさん」と「哲学」という組み合わせに惹かれて読んでみたが、自分には難しかったです。作者のプーさんに対する独特かつ強い見方を感じました。 もしかしたら、... もっと読む

リア王 (白水Uブックス (28))

205
3.69

感想・レビュー

シェークスピア中最も好きな作品。ただ、初読の時の感動はなかった。その分客観視できたのではないかと勝手に思っているが。例えば、繰り返される「心臓が破れる」と... もっと読む

オセロー (白水Uブックス (27))

195
3.64

感想・レビュー

嫉妬という人間が持ち合わせている感情の恐ろしさを体感させられた。 英語の先生にシェイクスピアを読むなら小田島雄志訳のを読むべきと言われ、それ以来全部小田... もっと読む

ヴェニスの商人 (白水Uブックス (14))

194
3.66

感想・レビュー

シェイクスピアの喜劇。中世イタリアの架空の都市における商取引と恋を廻る喜劇で、人命にかかわる内容の契約が現実になったことで起こされた裁判と、若者の恋愛を絡... もっと読む

十二夜 (白水Uブックス (22))

193
3.49

感想・レビュー

授業で読んだ。面白かった。 もっと読む

タイタス・アンドロニカス (白水Uブックス (6))

168
3.57

感想・レビュー

再読、楽しく読めるシェイクスピア。愚かで残酷なみんな達がバカスカ血を流してくれますが、貞節を奪った後で舌ちょん切って腕切り落とすって悪ノリしすぎやろ、ウィ... もっと読む

クマのプーさん全集: おはなしと詩

144
3.94
A.A.ミルン 1997年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ディズニー版だけの私が知らなかった100エーカーの森の仲間たちの魅力がいっぱいでふふふと笑いながら読みました。 もっと読む

お気に召すまま (白水Uブックス (21))

136
3.67

感想・レビュー

おおまじめに話すから、ばかにされるんだよ。この世界は、すべてひとつの舞台である。 もっと読む

シェイクスピア名言集 (岩波ジュニア新書)

127
3.71
小田島雄志 1985年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小田島先生の訳が好きです。お人柄から生まれるエッセイが素敵です。 もっと読む

シェイクスピアのソネット (文春文庫)

127
3.62

感想・レビュー

うっとりとするような恋の歌が続くばかり……とはいかず、嫉妬と怨嗟の続く、メンヘラが毒を吐きまくっているような部分は不愉快に感じるほど。それもまた筆致の力な... もっと読む

ジュリアス・シーザー (白水Uブックス (20))

119
3.30

感想・レビュー

『ローマ人の物語』の該当巻を読んだ後でこれを読むと、シーザーやブルータスのイメージはこれに引っ張られてたんだなーということが、よくわかります... もっと読む

リチャード三世 (白水Uブックス (4))

113
3.26

感想・レビュー

2012年にイングランドの駐車場の下で発見された遺骨が、つい先日リチャード三世のものと断定された。DNA鑑定の結果「疑いを差し挟む余地がない」とのこと。す... もっと読む
全249アイテム中 1 - 20件を表示

小田島雄志に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×