内田百閒のおすすめランキング

プロフィール

明治二十二年(一八八九)、岡山市に生まれる。六高を経て、大正三年、東京帝大独文科を卒業。この間、漱石の知遇を受け、門下の芥川龍之介、森田草平らを識る。以後、陸軍士官学校、海軍機関学校、法政大学などで教鞭をとる。無気味な幻想を描く第一創作集『冥途』をはじめとして『旅順入城式』『南山寿』『贋作吾輩は猫である』『実説艸平記』『阿房列車』などの小説や、独自のユーモア溢れる随筆『百鬼園日記帖』『御馳走帖』『新方丈記』『百鬼園随筆』など多くの著作がある。昭和四十六年(一九七一)四月、八十二歳で没。

「2017年 『大貧帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田百閒のおすすめランキングのアイテム一覧

内田百閒のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンソロジー カレーライス!!』や『アンソロジー ビール』や『ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)』など内田百閒の全44作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンソロジー カレーライス!!

492
3.46
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹空いた~!( >_<) エッセイの間に挟まれた様々なカレーの写真といい、 真っ黄色な紙といい、 著名人たちの好きが溢れたカレーエピ... もっと読む

アンソロジー ビール

257
3.32
東海林さだお 2014年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治生まれの文豪や料理研究家、平成の今をときめく人気小説家まで、41名の手になる、ビールにまつわるエッセイ集。 書き手も様々なら、内容も様々。 うまいビ... もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

243
3.11
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

190
3.19
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コーヒー大好きです。 飲み方はブラックです。 生豆を家で焙煎していたこともありますが 私は自分で淹れるコーヒーというよりは 淹れてもらうコーヒーが好き。... もっと読む

百鬼園百物語: 百けん怪異小品集 (平凡社ライブラリー (789))

125
3.39
内田百けん 2013年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議すぎる。理解ができない話も多い。森見登美彦の話と似ているところもあったな。 もっと読む

もうすぐ絶滅するという煙草について

108
3.23
芥川龍之介 2018年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「喫煙者の言い訳集」ですね、これ。 中には非喫煙者のコメントもありますけど。 見苦しさ満載で、そこが面白い、という人もいれば、つまらない、とい... もっと読む

たんときれいに召し上がれ 美食文学精選

86
4.09
金子國義 2015年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わるまでに2ヶ月以上。図書館員さん何度もごめんなさい。 素敵な作家さん達が個性たっぷりに描く食に関するお話。 絵日記、エッセイ、ファンタジー... もっと読む

内田百(けん)集成24 百鬼園写真帖 (ちくま文庫)

81
3.61
内田百閒 2004年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

厳めしい爺さん(失礼お許しくださいませ)の印象。裏表紙の紹介文(^^;;読んでニヤリ。百閒先生曰く「一体写真と云う物は横暴である。どの位私の寿命が薄くなっ... もっと読む

阿呆の鳥飼 (中公文庫)

74
3.56
内田百閒 2016年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

啼き声、を意識するようになりました ホウホケと啼く小鳥やチルチルチルと啼く小鳥 啼き声の方を見ても小鳥は見つからなくて 傍で小鳥の羽根色や ぴょんぴょこ動... もっと読む

(030)影 (百年文庫)

56
3.46
ロレンス 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・ロレンス「菊の香り」◎ これ昔読んだことあるかも。それとも行間にながれる妙な懐かしさのせいだろうか。石炭の町、線路、無蓋貨車、引き込み線、茂み、落ちる... もっと読む

百鬼園戦後日記―内田百けん集成〈23〉 ちくま文庫

44
3.38
内田百閒 2004年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

掘ったて小屋でも酒が飲みたい百閒先生。 もっと読む

太宰よ! 45人の追悼文集: さよならの言葉にかえて (河出文庫)

43
3.40
青山光二 2018年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

太宰治と交流のあった人たちが彼の死後、彼の文学や人柄について書いた随筆などを集めた本。彼の作品を読んだ事はないけど彼の生き方が悪い意味でとても作家らしいと... もっと読む

大貧帳 (中公文庫)

36
3.57
内田百けん 2017年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お金はなくても腹の底はいつも福福である――質屋、借金、原稿料……飄然としたなかに笑いが滲みでる。百鬼園先生独特の諧謔に彩られた貧乏美学エッセイ。 もっと読む

戦時下の青春 (コレクション 戦争×文学)

31
4.00
中井英夫 2012年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 大手前大学 交流文化研究所主催 文芸講演会 村上春樹と『阪神間文化』の周辺-私がめぐりあった作家たち- 講師:ノンフィクション作家 ... もっと読む

ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

27
3.10
坂口安吾 2018年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

屈辱から生じるしこりを屈ジコと呼ぶ。屈ジコは酒精に溶けやすく湯呑一杯の酒があれば跡形もなくなってしまう。人は屈ジコが溜まってくると本能的に新橋のガード下へ... もっと読む

にゃんこ天国(ごきげん文藝): 猫のエッセイアンソロジー

23
3.80
内田百閒 2018年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまりアンソロジーものというのを読まない(早い話が飽きてしまったりする)私ではあるが、この本は素直に楽しめた。猫は可愛い・・・のだろうと思う。だけど、猫を... もっと読む

百鬼園戦後日記I (中公文庫)

19
5.00
内田百閒 2019年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きな作家、内田百閒の日記。 戦後間もなくのころから昭和21年の12月31日までの日記。 戦後の雰囲気を感じるというよりも、百閒先生が書き記... もっと読む

百鬼園戦後日記Ⅱ (中公文庫)

14
内田百閒 2019年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

念願の新居完成。焼き出されて以来、三年にわたる小屋暮しは終わる。昭和二十二年一月一日から二十三年五月三十一日までを収録。〈巻末エッセイ〉高原四郎 もっと読む

新編日本幻想文学集成 第8巻

13
夏目漱石 2017年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第8巻は夏目漱石、内田百閒、豊島与志雄、島尾敏雄を収録。漱石、百閒に関しては、矢張り定番の短編がいちばん『幻想文学』らしいということだろうか。 豊島与志... もっと読む
全44アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする