宮尾登美子のおすすめランキング

プロフィール

宮尾 登美子(みやお とみこ)
1926年4月13日 - 2014年12月30日
高知県生まれ。『櫂』で太宰治賞、『寒椿』で女流文学賞、『一絃の琴』で直木賞、『序の舞』で吉川英治文学賞受賞。おもな著作に『陽暉楼』『錦』など。2014年没。
『一絃の琴』『鬼龍院花子の生涯』『天涯の花』など映画・ドラマ化された作品は多い。2005年NHK大河ドラマ『義経』は『宮尾本 平家物語』と『義経』が原作だった。2008年には『天璋院篤姫』が大河ドラマ化されている。

宮尾登美子のおすすめランキングのアイテム一覧

宮尾登美子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)』や『新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)』や『櫂 (新潮文庫)』など宮尾登美子の全304作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)

1552
3.62
宮尾登美子 2007年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻読了。 薩摩・島津家の分家・今和泉家に生まれた篤姫が、島津家当主・斉彬の養女となり、様々な画策を経て将軍・家定に嫁ぎ、激動の人生を歩む様を描いた... もっと読む

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)

1305
3.64
宮尾登美子 2007年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった 激動の幕末を生き抜いた十三代将軍家定の妻篤姫の生涯を描いた作品 下巻では、 将軍家定の急死。しかし、直接見舞うこともその死亡も確... もっと読む

櫂 (新潮文庫)

466
3.69
宮尾登美子 1996年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮尾登美子さんの自伝的小説。 高知県で芸妓紹介業を営む岩伍。その夫の仕事受け入れられない妻喜和。 仕事に打ち込み家庭を顧みない夫、肺病を患う長男と... もっと読む

きのね(上) (新潮文庫)

402
3.94
宮尾登美子 1999年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮尾登美子の作品は初めて読んだ。女流作家らしく丁寧に心情を汲み取っていてさすがと思わせる。 11代目市川団十郎の妻をモデルにした作品。梨園の世界は大変だ... もっと読む

〆切本2

385
3.53
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目でお腹いっぱいだったはずなのに、二作目まで読んでしまった。 〆切りに苦しめられる作家さんたちの言い訳エッセイや詫び状たち。 私的な書簡・手紙など... もっと読む

きのね(下) (新潮文庫)

328
4.02
宮尾登美子 1999年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

個人的に、宮尾登美子ブームが来そう。 主人公の生き様に、読後もなお心が揺さぶられ、そのなかでこの感想を書いているけど、言葉にすると薄れてしまい、消しては... もっと読む

春燈 (新潮文庫)

255
3.54
宮尾登美子 1991年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

櫂を読んでからずっと読もうと思っていた作品。 綾子の少女期の物語、とても活き活きと綾子が描かれていて、違う目線で読むと綾子の傲慢さが鼻につくのかもしれな... もっと読む

寒椿 (新潮文庫)

248
3.49
宮尾登美子 2002年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子方屋で姉妹同然に育った4人の芸妓の厳しい境涯を遡る。芸妓たちの壮絶な生き様が描かれる合間に、立場が違うお嬢さんだった悦子の微妙な悔恨が加わり、引き締まっ... もっと読む

蔵〈上〉 (角川文庫)

243
3.98
宮尾登美子 1998年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雪国の寒くてじめっとした様子が手に取るように分かる表現が素晴らしい。烈ちゃんはどうしても一色紗英のイメージで読んでしまうけど、エキセントリックな雰囲気に良... もっと読む

朱夏 (新潮文庫)

240
3.59
宮尾登美子 1998年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

綾子が嫁いだ後、戦争が終わろうとしている最中で満州へ向かうことに。 綾子が貧困や飢えを経験しながら、徐々に荒んでいく心の様子、どん底の生活の中で見つけた... もっと読む

序の舞 (中公文庫)

233
4.13
宮尾登美子 1985年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに骨太な本を読んだような気がする。いまどきの本ばかり読んでいると軽くて内容もある意味ではとても分かりやすいが、あまり「あぁ、本を読んだ」という感じ... もっと読む

東福門院和子の涙 (講談社文庫)

206
3.49
宮尾登美子 1996年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東福門院に興味をもったのは2年前サントリー美術館の「寛永の雅」を観に行ったから。小堀遠州、狩野探幽、野々村仁清が活躍した時代。宮廷文化の中心となった後水尾... もっと読む

松風の家 上 (文春文庫)

200
4.03
宮尾登美子 1992年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

裏千家の極貧時代、今日まで茶道を普及させた家元をはじめ、裏で逞しく家を支え続けた女性たちの話。 もっと読む

天璋院篤姫〈上〉 (講談社文庫)

199
3.62

感想・レビュー

時代小説は昔言葉で書かれているので読むのが疲れるが「篤姫」という人物に興味をもって読み始めたので一気に読めた。 大河ドラマになる前に読んだがドラマを見て... もっと読む

蔵〈上〉

186
4.10
宮尾登美子 1993年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きのね、に続いて読んだ本。これもまた懸命に生きる女性の話。 もっと読む

蔵〈下〉 (角川文庫)

178
3.93
宮尾登美子 1998年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【状態】 展示中 【内容紹介】 光閉ざされた世界から、恋人のもとへ一途に駆けてゆく少女・烈。苦悩と献身の生涯の末に歓喜の光を浴びる養母・佐穂。それぞれの... もっと読む

仁淀川 (新潮文庫)

177
3.44
宮尾登美子 2003年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮尾登美子の自伝的作品。『櫂』『春燈』『朱夏』に続く作品。満州から帰ってきてから,母父が亡くなるまでを描く。舞台は戦後の高知。 ・満州から帰ってきた... もっと読む

松風の家 下 (文春文庫)

173
4.05
宮尾登美子 1992年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何度となく唇を噛みしめ涙をこらえた(下)だった。 良質の物語を読んだ幸福を感じられた作品だった。 全てをきちんと解き明かすのではなく、ある部分は曖昧に... もっと読む

まるまる、フルーツ (おいしい文藝)

171
3.23
青木玉 2016年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フルーツの中で桃が一番好き♪しかも好みの桃が宮尾登美子さんと一緒だ!(°▽°)茨木のり子さんの「くだものたち」が素敵*。・+(人*´∀`)+・。* もっと読む

クレオパトラ〈上〉 (新潮文庫)

169
3.68

感想・レビュー

久しぶりに一気読みしたよね。 2017_006-007【読了メモ】(170408 22:30) 宮尾登美子『クレオパトラ』(上下)/新潮文庫 もっと読む
全304アイテム中 1 - 20件を表示

宮尾登美子に関連する談話室の質問

ツイートする