感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • らもさんの読みたくて借りて来たんだけどおもしろかったー。

    中島らもさん
    ココナッツクラッシュ

    山崎洋子さん
    ねずみ

    嵐山光三郎さん
    お金座談会

    小沢章友さん
    死の天使

    今野敏さん
    推理小説家の午後

  • 『だめな短編集の見本』
    読んでいて楽しくない。

  • 作家30人が行間に込めた人生の瞬間が、深い感動を呼ぶ魅惑の超短編小説集。
    悍妻懦夫(高橋義夫)、花火(高橋克彦)、生きている山田(太田忠司)の3編に好感を持ちました。

  • テーマ(タイトル)に沿った作品の方が少なく、短編集としてのまとまりが感じられなかった。その中で、「相合傘」は副題通り心に残る作品だった。容易には手に入らない何かを慕ったり、それを手に入れたときの幸せな時間を想像してみたり、でも手に入れてしまうと途端に色褪せて見えたり。手に入らないことの切なさ、そっと寄り添うだけで得られる幸せ。人間って何て単純で複雑な生き物なんだろう。

  • 桐野夏生、東野圭吾など、有名所が勢ぞろい。計30名もの作家がギュッと書くので、読んでいくのに些か疲れた。しかしそれぞれ個性がキラリ。作家たちの「輝きの一瞬」も見ることができました。

  • 気に入った作品がミステリばっかりで吹いた。

  •  ほんとうに短い話ばかりなので、違和感やら、ぞわぞわとするいやな感じをうまく出したところで話が終わる。
     これらをまとめている編集者もすごいんだろうなー。

     個人的に好きな作品。

     ・ココナッツ・クラッシュ/中島らも
     ・ねずみ/山崎洋子
     ・探偵ごっこ/落合恵子
     ・サドルは謳う/山上龍彦
     ・推理小説家の午後/今野敏
     ・山月忌/篠田節子
     ・生きている山田/太田忠志

  • 「橘の宿」加納朋子 (『沙羅は和子の名を呼ぶ』に収録)

  • 短編集だとついうっかり読むペースが遅くなってしまいます。

    子供の頃、夢中で読んだ星新一のことを思い出しながら読んでいました。

    中島らも、藤原伊織、山崎洋子、山上龍彦は個人的ベストてす。
    東野圭吾が期待しすぎたせいか、いまいちだったのが残念。

  • 【輝きの一瞬】という超短編を30編集めた文庫を読んだ。
    これは「小説現代」に「超短編小説25人集」という企画で掲載されたものと「IN★POCKET」に「お題拝借ミステリショートショート競作」という企画で連載されたものを文庫化したものである。
    超短編というだけあって一つの作品につき6〜7ページである。一言でいうと「凄い」。
    これだけの短い枠の中でさすが名人芸とばかりに見事に物語を作りあげている。
    作者によって作風が違うのがリアルにわかり、とても面白い仕上がりになっているのだ。
    現代小説あり、時代小説あり、ミステリありと小説のすべてが楽しめる。

    この文庫を手に取ったきっかけは中島らもである。1度読んでみたいと思っていた作家だった。他にも桐野夏生や東野圭吾など僕の好きな作家が名を連ねていた事もある。彼らの作品は期待を裏切らず良かった。しかし、1番印象に残り、短い作品ながらも余韻に浸れたのは高橋克彦の「花火」という作品だった。高橋克彦の名前は知っていたが、作品は読んだ事がなかった。こういう出会いもあるのだと思わず嬉しくなってしまう。今度、彼の作品をじっくりと読んで見たいと思った。

    短い話なので内容をここで説明してしまえばほとんど全てを語る事になってしまうかもしれないが、あえて紹介してみたい。
    花火職人の「ぼく」が主人公のこの物語は、開催された花火大会に盲目の人達が招待されたことからはじまる。はじめ「ぼく」は盲目の人を花火大会に招待するなんて、と主催者側に憤りを感じていたのだが、盲目の彼らの言葉に驚く。彼らは花火が見えずともその音でどんな大きさでどんな色でと想像できるというのだ。そして大きな音が鳴るたびに満面の笑みを浮かべる。その出来事を通じて花火というものは視覚だけではなく聴覚でも楽しめるものなのだと勉強させられる「ぼく」だが、そこである事に気付く。
    それは、同じ花火職人で「演出の天才」と賞賛されていた母親の事だ。半年前に亡くなった母親は、ある花火大会になると必ず、予算を無視し、素人のような構成で花火を打ち上げていたのだ。
    「音」という事を意識しはじめてからその事がきになって頭からはなれない。そこで花火を打ち上げる時に作る花火台帳を掘り起こして見てみる。この花火台帳とは、音楽家が楽譜を見ただけでその音のイメージがわかるように、花火職人もこの花火台帳をみれば、どんな間隔でどれほどの大きさの花火が夜空を飾るのか、またその音の大きさまでわかるという代物だ。そして「ぼく」は母親の秘密を知ってしまう。
    母親は必ず、とある花火大会でこれをやる。それは、「ぼく」の父親へのメッセージであった。「ぼく」は父親の顔を知らない。母親はとある地区に服役する「ぼく」の父親へモールス信号を利用して花火の音を聞かせることで父親にメッセージを送っていたのだ。母親が死んでからはじめてその地区で行われる花火大会。「ぼく」は花火の音にまだ見ぬ父親へのメッセージを込めて花火を打ち上げる。

    短い作品ではあるが実に見事な構成で描かれた感動物語である。7ページの文章で映画が1本作れそうな勢いだ。高橋克彦。僕はまたひとり気になる作家を見つけてしまった。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年兵庫県生まれ。大阪芸術大学放送学科卒。'92年『今夜、すべてのバーで』で第13回吉川英治文学新人賞、'94年『ガダラの豚』で第47回日本推理作家協会賞を受賞。
主な著書に、『明るい悩み相談室』シリーズ、『人体模型の夜』『白いメリーさん』など。2006年7月に短編集『君はフィクション』を刊行。2004年7月逝去。

「2014年 『ロカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島らもの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする