井上真偽のおすすめランキング

プロフィール

井上 真偽(いのうえ まぎ)
神奈川県出身。東京大学卒業。『恋と禁忌の述語論理』で第51回メフィスト賞を受賞。
第2作『その可能性はすでに考えた』は、恩田陸氏、麻耶雄嵩氏、辻真先氏、評論家諸氏などから大絶賛を受ける。同作は、2016年度第16回本格ミステリ大賞候補に選ばれた他、各ミステリ・ランキングを席捲。
続編『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』でも「2017本格ミステリ・ベスト10」第1位を獲得した他、「ミステリが読みたい!2017年版」『このミステリーがすごい!  2017年版』「週刊文春ミステリーベスト10 2016年」にランクイン。さらに2017年度第17回本格ミステリ大賞候補と「読者に勧める黄金の本格ミステリー」に選ばれる。また同年「言の葉の子ら」が第70回日本推理作家協会賞短編部門の候補作に。
2017年刊行の『探偵が早すぎる』は2018年に滝藤賢一・広瀬アリス主演でテレビドラマ化された。

井上真偽のおすすめランキングのアイテム一覧

井上真偽のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)』や『その可能性はすでに考えた (講談社文庫)』や『その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)』など井上真偽の全52作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

661
3.76
井上真偽 2017年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元祖探偵、悪魔探偵、おしり探偵。。。いろいろあれど事件解決最高速なのがこの作品。今までにない面白さ。 もっと読む

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

592
3.40
井上真偽 2018年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

話題性があったのかな、、ひとまず読んでみようと手にとってみたのですが、読み進めるのが苦痛・・退屈・・ 文章自体に魅力がないのかなぁ・・。 途中で他の小説に... もっと読む

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

528
3.38
井上真偽 2015年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリの核となる事件とそのトリックはまあそんなに特筆すべきこともないんですがタイトル通り、可能性を提示してそれを否定する、という点にのみ特化したお話。見... もっと読む

探偵が早すぎる (下) (講談社タイガ)

499
3.72
井上真偽 2017年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一切殺人が起きないミステリ小説。とても新鮮でドラマ化されたのも納得。ドラマで探偵役をやったのは滝藤賢一で結構エキセントリックな演技だったが、原作ではわりと... もっと読む

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)

293
3.40
恩田陸 2017年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

予備知識なしに読みました。 はやみねさん、恩田さん、高田さんの作品は前提となる本を読んだ方がよかったかもしれないですが、楽しめました。 綾崎さんの作品... もっと読む

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

265
3.43
井上真偽 2018年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019.01.31読了 つまらない作品を最後まで読むのは苦痛だ それこそ、最後まで読んだところで毒にも薬にもならないとわかっていながら途中で挫折するのが... もっと読む

恋と禁忌の述語論理 (講談社ノベルス)

252
3.31
井上真偽 2015年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あ、ウエオロさんみっけ!という儲け物なデビュー作。ただし、数理論理学の部分は単なるお飾りとして片付けてオッケーです(各探偵の推理ミスは学問の力を借りんでも... もっと読む

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

251
3.61
井上真偽 2016年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ二作目。結婚式で毒殺された三人。しかしその方法がまったく謎。逆に同じ盃から飲んだ数人はなぜ死ななかったのか、いろいろ仮定はできるものの、考えても考... もっと読む

恋と禁忌の述語論理 (講談社文庫)

112
3.64
井上真偽 2018年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数理論理学による検証で名探偵達の推理を覆す訳だが,推理の検証の検証を読者に託すということは,読者を選ぶということであり,一般的なエンターテインメントとして... もっと読む

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

49
3.62
井上真偽 電子書籍 2017年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事件発生自体を止めてしまうので、 事件を解決できない探偵(?)の活躍。 なんかカッコイイ。 あ、TVドラマは面白い方へ誇張しすぎ。 もっと読む

恋と禁忌の述語論理 (講談社ノベルス)

20
3.43
井上真偽 電子書籍 2015年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かつ、または、ゆえに、とか、 真っ当に読むと頭が痛くなる論理推理譚。 推理パートもまぁまぁ面白いけど、 美人叔母に翻弄される学生君が一番面白い。 ... もっと読む

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

18
3.00
井上真偽 電子書籍 2018年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらゆる可能性を否定するっていう斬新な設定の小説。 その割に清涼感のある読後感の終わり方にしたのは素晴らしい。 もっと読む

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

12
3.50
井上真偽 電子書籍 2016年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ2作目。 結婚式で同じ盃を回し飲みしたうちの数人だけが死ぬという奇妙な毒殺事件に上苙が挑戦。今回は奇蹟の実在を証明できるのか。 前半は面白く、... もっと読む

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社文庫)

4
4.00
井上真偽 電子書籍 2018年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「その可能性は考えた」 新しい名セリフにしてもよいかと思ってます。 あらゆる犯行の可能性を吟味する読むのに疲れるミステリ。 でも、推理の練習には... もっと読む

恋と禁忌の述語論理

1
2.00
井上真偽 電子書籍 2015年2月27日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 800
大学生の詠彦は、天才数理論理学者の叔母、硯さんを訪ねる。独身でアラサー美女の彼女に、名探偵が解決したはずの殺人事件の真相... もっと読む
全52アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする