藤沢周のおすすめランキング

プロフィール

1959年、新潟県生まれ。93年「ゾーンを左に曲がれ」でデビュー。98年「ブエノスアイレス午前零時」で芥川賞を受賞。『サイゴン・ピックアップ』『箱崎ジャンクション』『武曲』『武蔵無常』など著書多数。

「2021年 『世阿弥最後の花』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤沢周のおすすめランキングのアイテム一覧

藤沢周のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オレンジ・アンド・タール (光文社文庫)』や『ブエノスアイレス午前零時 (河出文庫―文芸コレクション)』や『武曲 (文春文庫)』など藤沢周の全119作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

オレンジ・アンド・タール (光文社文庫)

924
2.83
藤沢周 2010年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

甘えた若者たちの自意識と葛藤を崩れた文体で描いています。なんだかいやだな、こういう若者の捨て鉢な人生に共感みたいなのを求める本。つまらなくは無かったけれど... もっと読む

ブエノスアイレス午前零時 (河出文庫―文芸コレクション)

253
3.18

感想・レビュー

ブエノスアイレス午前0時 A カザマ、温泉卵をゆでる たばこを吸う、 朝食、温泉卵+コーヒー みのやホテル オーナーは竹村 硫黄が匂う、雪深い湯治場 そ... もっと読む

武曲 (文春文庫)

220
3.26
藤沢周 2015年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『剣豪小説の新時代を切り拓いた傑作』 初心者ながら天性の才能を感じさせる少年と、実力者ながら様々なものを抱えたコーチ。 二人の男が主人公の物語。語り手が入... もっと読む

ブエノスアイレス午前零時

203
2.94

感想・レビュー

パルコ劇場で舞台化されたので読んでみることに。大好きな女優の原田美枝子さんが出ていたからと理由だけなのだが。二編作品が収録されているが、登場人物の心情や情... もっと読む

オレンジ・アンド・タール

180
2.82

感想・レビュー

少年。血。灰。夕暮れ。コンクリート。海。道路。少年。 完璧。理想的な少年。美しすぎて死ぬ、少年はいつか死ぬもんだ。悲しい。 青春は紅い。ただただただただ紅... もっと読む

雨月 (光文社文庫)

171
2.59
藤沢周 2005年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだ感想は正直”なんじゃこりゃ”。 前半からがずっと退屈で途中でやめようかと思ったが何とか最後まで我慢?して読んだ。 結果全く面白くなく後半も予想通りで... もっと読む

たけくらべ 現代語訳・樋口一葉 (河出文庫)

164
3.33
松浦理英子 2004年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

坊さんと花魁の決して交わることの許されない2人の思いが切ない。 どの話もハッピーエンドはなく、どこか物悲しい余韻に浸るのが正しい楽しみ方なんだろうな。 ... もっと読む

箱崎ジャンクション (文春文庫)

140
3.03
藤沢周 2006年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪くはないと思うのですが、これだけ絞られた展開で多くページを使った割にはなんだか浅かった感が残りました。文章そのものを楽しむタイプでもなかったし、うーん。... もっと読む

ブエノスアイレス午前零時 (河出文庫)

131
3.10
藤沢周 2014年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雪深き地方のホテル。古いダンスホール。孤独な青年カザマは盲目の老嬢ミツコをタンゴに誘い……リリカル・ハードボイルドな芥川賞受賞の名作。森田剛主演、行定勲演... もっと読む

ベスト・エッセイ2020

125
3.22
日本文藝家協会 2020年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

好きなエッセイストの作品をきっかけに 2014年にこのシリーズを初めて手に取り 途中2回とばしたけど 毎年この時期読むのを楽しみにしています。 (... もっと読む

武曲

70
3.68
藤沢周 2012年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

剣道を題材にした小説。かつて鬼のような激しい剣士の父を立会いで再起不能にしてしまったアル中の中年剣士とラッパーを目指しているのに、妙な行きがかりで剣道をや... もっと読む

さだめ (河出文庫)

53
2.76
藤沢周 2006年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

AV女優スカウトマンの話。万人には受け入れられない内容なのかもしれない。しかし、藤沢氏の描く退廃的な世界観は一読の価値がある。女性を商品としてしか扱わなか... もっと読む

死亡遊戯 (河出文庫文芸コレクション)

53
3.09
藤沢周 1999年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

情景からの知覚を頼りに進んでいくストーリーの速度が良かった。神経の回路が煌めくというのか、その光が文章から感じられた。ただ光と光の切れ間が暗すぎて、軽い盲... もっと読む

サイゴン・ピックアップ (河出文庫―文芸コレクション)

51
3.58
藤沢周 1999年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しい。 とても抽象的な話です。 正直途中から話がよくわかりませんでした。 欲を抑えて生きる僧の世界、そんな世界だからこその欲が鮮やかに描かれています。... もっと読む

陽炎の。 (文春文庫)

47
3.06
藤沢周 2002年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。呉服店の営業マンがクビになって壊れてく話。いかにも、藤沢氏らしい。 もっと読む

武蔵無常

42
2.67
藤沢周 2016年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

武蔵に殺された僧が武蔵を惑わせる。武蔵と小次郎の戦い。 最後まで読んだけど、なんだか文体が自分には合わないみたいだ。全然入りこめない。 状況説明が少なす... もっと読む

箱崎ジャンクション

41
2.73
藤沢周 2003年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017.03 もっと読む

武曲II

35
2.70
藤沢周 2017年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

殺人剣同士の戦いが描かれてかなりハードボイルドだった1冊目とは対照的に、2巻目は随分と爽やかな青春小説になってしまった。でもこういうのも良い。 もっと読む
全119アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×