杉浦日向子のおすすめランキング

プロフィール

1958年、東京生まれ。漫画家、江戸風俗研究家、エッセイスト。おもな著作に『江戸へようこそ』『百日紅』『YASUJI東京』『花のお江戸の若旦那』など。2005年没。

「2019年 『はればれ、お寿司 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉浦日向子のおすすめランキングのアイテム一覧

杉浦日向子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『一日江戸人 (新潮文庫)』や『百日紅 (上) (ちくま文庫)』や『百物語 (新潮文庫)』など杉浦日向子の全133作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

一日江戸人 (新潮文庫)

2238
3.82
杉浦日向子 2005年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった‼️ 江戸人とはなんだろうと読み始めた本書。 知りたいことが沢山描かれていて、ページを捲る手が止まらない(^^) 時代小説初心者の方も、そうでな... もっと読む

百日紅 (上) (ちくま文庫)

1130
4.11
杉浦日向子 マンガ 1996年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

杉浦日向子せんせーの『百日紅』、北斎と娘のお栄ちゃん周辺のお話。紆余曲折あってようやく到達。 私は元々江戸風俗や、そもそも歴史についてあまり興味がも... もっと読む

百物語 (新潮文庫)

952
3.97
杉浦日向子 1995年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子供の頃、怖い怖いと言いながら目を輝かせて聞いた怪談のような、どこか懐かしい99の物語。恐怖というより、むしろ風情を感じる話が多い。化物にも「もののあわれ... もっと読む

百日紅 (下) (ちくま文庫)

791
4.13
杉浦日向子 マンガ 1996年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怪談話や落語のようなオチやら、江戸の暮らしにはいろいろなモノが混じり込んでいる。北斎の末娘、猶との死別『野分』が切なかった。北斎が魔除けの為に絵を描く。父... もっと読む

アンソロジー お弁当。

643
3.52
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

合葬 (ちくま文庫)

541
3.82
杉浦日向子 1987年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森まゆみ『彰義隊遺聞』を読んだら無性に読み返したくなり部屋中探したのだけどみつからなかったので買い直しました。映画の帯がついたバージョンで、そういえば20... もっと読む

江戸アルキ帖 (新潮文庫)

421
3.89
杉浦日向子 1989年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鎖国時代、徳川家支配・幕藩体制の中央行政府・江戸は、大阪という『天下の台所』から一方的に消費財の供給を受ける一大消費地であり、武士は薄給でも体面を保つ義務... もっと読む

東のエデン (ちくま文庫)

375
3.82
杉浦日向子 1993年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文明開化にわく、江戸から明治へと移り変わろうとする時代に生きた青年たちを描いた連作短編のかたちをとった漫画だ。(表題作は、故郷を懐かしむ日本に来た外国人が... もっと読む

二つ枕 (ちくま文庫)

322
3.76
杉浦日向子 1997年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸・吉原の情景を点描した短編まんが集。 当時(というか本質は今も変わらないと思うけど)の男女の機微、嫉妬心などが活き活きと描かれる。 ふすま... もっと読む

ごくらくちんみ (新潮文庫)

319
3.90
杉浦日向子 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美味しいものエッセイだと思っていたら短編小説でした。 世の中には色々な食べものがあるんだなぁ…とふんわり思いました。面白かったです。 食指が動くものは... もっと読む

4時のオヤツ (新潮文庫)

319
3.31
杉浦日向子 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(中古にて再入手。前に読んだのはどこかに送ってしまったのか見当たらなくなってしまい…) 主に都内で手に入る実在のおやつをたねにした掌編集。基本的に地の文無... もっと読む

大江戸美味草紙(むまそうし) (新潮文庫)

311
3.58
杉浦日向子 2001年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸の師匠である著者の本を久しぶりに読む。本書はもう中古でしか手に入らなかった。春夏秋冬の順に、江戸川柳をいい塩梅に配して綴られたエッセイ。言葉も含め、江... もっと読む

大江戸観光 (ちくま文庫)

298
3.45
杉浦日向子 1994年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに師匠の著作を読む。が、いつもと雰囲気が違うと思ったら、師匠が20代の頃のものだった。春画を含めた性についての書きぶりや、江戸への思いの丈がどこと... もっと読む

とんでもねえ野郎 (ちくま文庫)

298
3.89
杉浦日向子 1995年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんか引き寄せられるように杉浦さんを読んでいるが・・・これはイカンかった。 独特のギャグマンガである。「戯作」の流儀のようで、フツーのマンガのイディ... もっと読む

江戸へようこそ (ちくま文庫)

283
3.60
杉浦日向子 1989年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

杉浦日向子がテレビで江戸を語っていたころからフアンだった。漫画家として一流なので、絵も楽しみだった。たくさんの本を出しているが、この本がとても好きだ。杉浦... もっと読む

風流江戸雀 (新潮文庫)

270
3.70
杉浦日向子 1991年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時々思い出したように、杉浦日向子の絵を見たくなる。 ーそうそう、この風流を、まだ俺はわかるんだぜ などと、思いたいのかもしれない。 カバー裏の彼女の紹介文... もっと読む

YASUJI東京 (ちくま文庫)

264
3.67
杉浦日向子 2000年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

杉浦日向子の漫画を読んで、彼女はもっとも尊敬する女性のひとりになった。若くして逝かれたのが本当に残念。 本作もすごくいい。何よりコマとコマの「間」。 もっと読む

一日江戸人 (小学館文庫)

257
3.72

感想・レビュー

江戸時代の生活や風俗を紹介した本。著者は一時期、テレビで江戸時代をテーマにした番組に登場して解説を務める等大変活躍した方で、江戸の文化を色々紹介して楽しく... もっと読む

杉浦日向子の江戸塾 (PHP文庫)

236
3.75

感想・レビュー

杉浦日向子が作家や大学の先生らと対談しながら、江戸の生活について語る内容で、江戸時代ってこんな生活をしてたんだ!と感心させられました。思ったよりも人々はの... もっと読む

ニッポニア・ニッポン (ちくま文庫)

231
3.70
杉浦日向子 1991年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

縺翫°縺、蝮翫?∽ク牙袖邱壹?闍・縲?ヲャ鬚ィ蜈育函縺ョ縲梧怦螟懊?螳エ縲阪?∝?閻ケ繧偵∪繧薙∪縺ィ騾?l縺ヲ髫?譽イ縺吶k縲碁升譁弱∪縺?k(1)縲阪... もっと読む
全133アイテム中 1 - 20件を表示

杉浦日向子に関連する談話室の質問

ツイートする
×