フォークナーのおすすめランキング

プロフィール

一八九七年アメリカ合衆国ミシシッピー州生まれ。第一次大戦で英国空軍に参加し、除隊後ミシシッピー大学に入学するが退学。職業を転々とする。地方紙への寄稿から小説を書きはじめ、『響きと怒り』(一九二九年)以降、『サンクチュアリ』『八月の光』などの問題作を発表。米国を代表する作家の一人となる。五〇年にノーベル文学賞を受賞。一九六二年死去。

「2022年 『エミリーに薔薇を』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フォークナーのおすすめランキングのアイテム一覧

フォークナーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)』や『八月の光 (新潮文庫)』や『フォークナー短編集 (新潮文庫)』などフォークナーの全58作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

1365
3.20
夏目漱石 2013年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本編をきっかけに、なかなか手に取ることのない名作に出会えるのが面白い。 「たんぽぽ娘」は本編で印象に残っていて、なるほど名作かなと感じた。50年も前に発... もっと読む

八月の光 (新潮文庫)

783
3.80
フォークナー 1967年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人ってずいぶん遠くまで来られるものなのね」 臨月の娘リーナ・グローブは、子供の父親がいるというジェファソンの町に降り立つ。未婚で身籠り去った男を追って... もっと読む

フォークナー短編集 (新潮文庫)

591
3.41
フォークナー 1955年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私の感覚ではフォークナーは、読者を待ってくれない作家です。読者が「乗りま〜す!」と手を上げてもスピードを落としてくれないバスのよう。読者は飛び乗るしかあり... もっと読む

サンクチュアリ (新潮文庫)

502
3.31
フォークナー 1955年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰の物語なのかと聞かれると、答えるのが難しい。群像劇のような感じ。ベンボウが「八月の光」のバイロン・バンチに見えて仕方なかった。けど、この人はルービーに惚... もっと読む

アブサロム、アブサロム!(上) (岩波文庫)

386
4.20
フォークナー 2011年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだ上巻の半ばだが、とても面白い。しかもなんで面白いのかよくわからない。訳文がいいのか。 ポー、ラブクラフトを連想する。あとシャーロック・ホームズの長編... もっと読む

響きと怒り (上) (岩波文庫)

357
4.08
フォークナー 2007年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(上下巻まとめての感想です) アメリカ南部ヨクナパートファ州ジェファソンのコンプソン家は、かつては領地を持ち将軍と知事とを出した家柄だが、南北戦争を経て... もっと読む

響きと怒り (下) (岩波文庫)

243
4.19
フォークナー 2007年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻に記載。 もっと読む

アブサロム、アブサロム!(下) (岩波文庫)

239
4.36
フォークナー 2012年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近になってラテンアメリカ文学や中上健次の面白さがわかるようになり、そこから遡ってゆくと、たどりつくのが実はこのフォークナーの「ヨクナパトーファ・サーガ」... もっと読む

八月の光 (光文社古典新訳文庫)

231
4.28

感想・レビュー

おもしろい小説や物語なら古典でも世界中のどこでもわりと好き嫌いなく読むたちですが、そんな私にもなぜかアメリカ南部の作家にはちょっぴり尻込みしてしまう何かが... もっと読む

熊 他三篇 (岩波文庫)

131
3.74
フォークナー 2000年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【熊】 12月の2週間、森にキャンプを張り狩に出かける男たち。 彼らの最大の標的は、大熊のオールド・ベン。森に君臨し、人の動きを読み、隙をついて家畜を... もっと読む

八月の光(上) (岩波文庫)

84
4.06
フォークナー 2016年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『アブサロム、アブサロム!』があまりにも面白くてヨクナパトーファ・サーガを制覇しようと『響きと怒り』までは読んだのに何故かその後この『八月の光』を読もうと... もっと読む

八月の光(下) (岩波文庫)

66
4.07
フォークナー 2016年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻に入ってもまだクリスマスとミス・バーデンの確執(回想)は続く。しかし冒頭の破綻の日が来て、ミス・バーデンを殺害したクリスマスは逃走。呆然自失のままその... もっと読む

八月の光 (光文社古典新訳文庫)

38
3.75
フォークナー 電子書籍 2018年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハイタワー、なんなんだよ? 読み終わって真っ先に頭に浮かんだ疑問。その後、解説でフォークナーの曽祖父への憧れ、訳者・黒原敏行さんの鋭い読みに触れ、ちょっと... もっと読む

寓話〈上〉 (岩波文庫)

34
2.00
フォークナー 1974年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランス人を理解したくて読んでみるが、とにかく読みにくい。 半年ぐらいかかったように記憶。匍匐前進の気分。 もっと読む

寓話〈下〉 (岩波文庫)

32
2.60
フォークナー 1974年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争とは人が自我を持ち、火を手に入れた時からの宿命なのかもしれない。 火を操れると思いながらその火に操られるという二律背反。 それを分かっていてもなお... もっと読む

エミリーに薔薇を (中公文庫 フ 17-1)

32
3.00
フォークナー 2022年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 フォークナーはこれまで『八月の光』と短編数編しか読んだことがなかったので、今回手に取りやすい形で短編集が出たので、読んでみることにした。  標題にもな... もっと読む

アメリカ〈2〉/集英社ギャラリー「世界の文学」〈17〉

18
4.50

感想・レビュー

偉大な作家の名作ぞろいがうれしい。フォークナー『アブサロム、アブサロム!』が特に良かった。よい訳文と情熱的な語りは気持ちいい読書時間を過ごせた。短編も多数... もっと読む

フォークナー全集 (15)

13
3.33

感想・レビュー

「村」収録 <ヨクナパトーファ郡に移り住んできたスノープス家。  その一人、フレム・スノープスをは徐々に村に侵食し成り上がって行く・・・。> ... もっと読む

フォークナー短篇集 (小英文叢書)

12
3.33

感想・レビュー

フォークナー短編集、『嫉妬』『赤い葉』『エミリーにバラを』『乾燥の九月』『納屋は燃える』など。黒人リンチ事件とか、南部人の復讐心とか、彼の文章だからこそ、... もっと読む
全58アイテム中 1 - 20件を表示

フォークナーに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×