小池昌代のおすすめランキング

プロフィール

小池 昌代(こいけ・まさよ)
1959年東京・深川生まれ。詩人・小説家。津田塾大学卒業。
主な詩集に『永遠に来ないバス』(現代詩花椿賞)、『もっとも官能的な部屋』(高見順賞)、『夜明け前十分』、『ババ、バサラ、サラバ』(小野十三郎賞)、『コルカタ』(萩原朔太郎賞)、『野笑 Noemi』、『赤牛と質量』。
小説集には『感光生活』、『タタド』(表題作で川端康成文学賞)、『たまもの』(泉鏡花賞)、『幼年 水の町』など多数。主なエッセイ集に『屋上への誘惑』(講談社エッセイ賞)、アンソロジー詩集に『通勤電車でよむ詩集』『恋愛詩集』『おめでとう』などがある。

「2019年 『この名作がわからない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小池昌代のおすすめランキングのアイテム一覧

小池昌代のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)』や『ひと粒の宇宙 (角川文庫)』や『短篇集』など小池昌代の全111作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)

493
3.04
江國香織 2011年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

源氏物語を題材とした9つの作品を集めたアンソロジー。 ほぼ現代語訳というものもあれば、時代はそのままに面白おかしく喜劇に仕立てたもの、舞台を現代に置き換... もっと読む

ひと粒の宇宙 (角川文庫)

477
2.89
大岡玲 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。 多くの作家さ... もっと読む

短篇集

434
3.28

感想・レビュー

クラフトエヴィング商会と小川洋子さん目当てで。 どの作品も独特で面白かったです^^ もっと読む

変愛小説集 日本作家編

266
3.02
川上弘美 2014年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岸本佐知子さんが編者だからか、作家全員、既出の海外版変愛小説集を無意識に意識してるからなのか、これがいまの日本の小説?!アメリカの短編みたい、と思うくらい... もっと読む

通勤電車でよむ詩集 (生活人新書)

265
3.45
小池昌代 2009年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前からねらっていたけど、水色のダブルカバーになっていたので思わず購入。バスに乗って40分の移動中読んでいます。とても重宝しています。 「少女と雨... もっと読む

ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ

244
3.23
江國香織 2008年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重要文化財の源氏物語絵巻を、薄紫の無地で惜しげもなく覆い 「九」の文字の部分だけ切り抜いてちらりと垣間見せるという、なんとも贅沢な表紙! 表紙を捲ると、見... もっと読む

裁縫師

190
3.33

感想・レビュー

小池昌代の短篇には物語がない。それは散文でもなくかといって小説でもない。強いて言うならば切り取られた風景画に対するキャプションのような趣きのある。あるいは... もっと読む

アンソロジー そば

169
3.24
池波正太郎 2014年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔はそばを食べるというのは今の喫茶店でお茶を飲むのと同じような行為で、もともとは腹を満たす食事ではなかった。店によっては蕎麦の量が異様に少ないのはこのせい... もっと読む

弦と響

168
3.51
小池昌代 2011年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読後、心に雪のように降り積もる、残響。 もっと読む

たまもの

159
3.23
小池昌代 2014年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本に書かれていること全てが私の心に突き刺さっていたたまれない気持ちでいっぱいになった。 母になること、子を育てること、いろんなことを諦めること、親が老... もっと読む

ことば汁 (中公文庫)

149
3.78
小池昌代 2012年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女の人がたくましく生きていく為には、妄想が必要なのだ。みじめな自分に、妄想というアートで、言い訳を与えてあげるのだ。 そんな美しい言い訳が、6つも読... もっと読む

タタド

143
3.57
小池昌代 2007年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブルドッグみたいな、搾れば濃い肉汁が出てきそうな、齧ってみたくなるような顔のイワモト。髭剃り後は緑色の化粧水「アロエの妖精」をぴたぴたと塗る。 古田新太... もっと読む

変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)

137
3.74
川上弘美 2018年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さまざまな形の「愛」が収められたアンソロジー。どれも一般の恋愛観からは少し外れた愛で、しかしそんな奇妙な愛こそが恋愛であるような気がする。どこか変でなきゃ... もっと読む

作家と楽しむ古典 古事記 日本霊異記・発心集 竹取物語 宇治拾遺物語 百人一首

121
3.62
池澤夏樹 2017年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学生のときに古文をかじっていたから楽しく読めた。勉強していて良かった。 古文を古文のままで理解できない自分としては、現代語訳に頼ったり自分なりに訳したり... もっと読む

タタド (新潮文庫)

107
3.25
小池昌代 2010年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★2007年度川端康成文学賞 配置場所:2F文庫書架 請求記号:913.6||Ko 31 資料ID:C0030704 もっと読む

わたしたちはまだ、その場所を知らない

96
3.11
小池昌代 2010年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学校国語教員の現実とかけ離れているので「何言うとるかね」ってなってしまった。偏りのない立場で読めたら違ったかもな。 もっと読む

まんまるおつきさまをおいかけて (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

93
3.34
ケビン・ヘンクス 2005年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫がおつきさまを、まるいミルクのお皿に見立てて追いかける姿を、微笑ましく描いています。モノクロの絵が、夜の風景と猫のかわいらしさを印象づけています。ストー... もっと読む

ことば汁

91
3.77

感想・レビュー

うわぁあああこわいよぉおおお!!! 年取りたくなくなる!!! もっと読む

恋って何ですか?: 27人がすすめる恋と愛の本 (14歳の世渡り術)

86
4.00
蒼井ブルー 2019年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紹介されている本と紹介者の著書をどちらも読んでみたくなる。 もっと読む

おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ (講談社の翻訳絵本)

75
3.29

感想・レビュー

絵がほのぼのしていて、寝る前におだやかになる。お話というより、音を楽しむような感じで、くりかえしも多いので、眠い時だと子守歌に聞こえそう。 もっと読む
全111アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする