沼田まほかるのおすすめランキング

プロフィール

沼田 まほかる(ぬまた まほかる)
1948年、大阪府生まれの小説家。女性。奈良県在住。読んだあとイヤな後味を残すミステリーの名手として、「イヤミスの女王」という称号で語られることもある。
寺の生まれで、大阪文学学校昼間部に学ぶ。結婚して主婦になり、母方祖父の跡継ぎを頼まれ夫がまず住職となるが、離婚を経て自身が僧侶になる。50代で初めて長編を書き、『九月が永遠に続けば』で第5回ホラーサスペンス大賞を受賞、56歳でデビュー。
2012年『ユリゴコロ』で第14回大藪春彦賞を受賞し、2012年本屋大賞にノミネート(6位)。それを機に書店での仕掛け販売を通じて文庫の既刊が売れ出し知名度を上げた。
代表作『ユリゴコロ』は2017年9月23日に吉高由里子主演で映画化。同年10月、『彼女がその名を知らない鳥たち』も蒼井優・阿部サダヲ主演で映画化された。他の代表作に、『九月が永遠に続けば』、『猫鳴り』、『アミダサマ』。

沼田まほかるのおすすめランキングのアイテム一覧

沼田まほかるのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『九月が永遠に続けば (新潮文庫)』や『ユリゴコロ (双葉文庫)』や『彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)』など沼田まほかるの全65作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

九月が永遠に続けば (新潮文庫)

6055
3.04
沼田まほかる 2008年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このブグログに感想を書き始めて何ヶ月かが経ったと思う。以前感想を書いていたブログに比べるとブグログは桁違いに参加者の多いブログで、以前のブログでは誰も感想... もっと読む

ユリゴコロ (双葉文庫)

5208
3.78
沼田まほかる 2014年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題のノート4冊に記された殺人犯の手記を中心に、ストーリーが展開していく…という設定に惹かれて一気読み。 ノートの序盤は残酷な描写から始まるが、読み進め... もっと読む

彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)

3960
3.41
沼田まほかる 2009年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ー限りなく不愉快、でもまぎれもない最高傑作ー 本を開いてから始まる物語、その予想外の内容に驚いた。前半はひたすら十和子と陣治の不愉快な関係性が続く。陣治と... もっと読む

ユリゴコロ

3398
3.74
沼田まほかる 2011年4月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020/09/06読了 #このミス作品46冊目 余命僅な父親の部屋から発見した4冊のノート。 殺人に快楽を得る「ユリゴコロ」を求める 「私」の告白が記... もっと読む

猫鳴り (双葉文庫)

3304
3.31
沼田まほかる 2010年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少し暗い話だなーと思いながら読んだ。少女の頃のアヤメがなんとも可愛げがなく、とんでもない子を想像してたら、第二部のアヤメは謎過ぎて謎過ぎてもうワケ分からな... もっと読む

アミダサマ (新潮文庫)

1721
2.83
沼田まほかる 2011年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仏教✖オカルトホラー。 廃棄されている冷蔵庫の中から救い出された瀕死の少女ミハル。彼女のコエに呼び寄せられた悠人とジョウカン。 異常なまでにミハル... もっと読む

痺れる (光文社文庫)

1414
3.38
沼田まほかる 2012年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沼田まほかるさんは三作目。傑作「ユリゴコロ」の作風がぴったり来ていた。 次に勢い込んで読んだ「9月が永遠に続けば」はその暗さに圧倒された、楽には生きら... もっと読む

あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

819
3.37
宮部みゆき 2019年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イヤミスは苦手だ。 何を好んでわざわざ嫌な気持ちになるために時間を使わなくてはならないのか、と思っているだけでは無い。私は性格的にイヤミスとは合わないので... もっと読む

九月が永遠に続けば

709
3.15
沼田まほかる 2005年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中までは傑作なのではないかとグイグイ読んでいたのですが、冬子が死んだあたりからアレアレと思い、終わり方でガックリといった感じです。服部(ダディ)がもっと... もっと読む

彼女がその名を知らない鳥たち

479
3.29
沼田まほかる 2006年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

色んな意味で汚く生々しい恋愛小説。感想が難しい。登場人物全員嫌いなんだが、のめり込める。共感出来る部分もあるっちゃーある、それが痛い。ねっとりした陣治と十... もっと読む

痺れる

427
3.32
沼田まほかる 2010年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱりこの作者の話はハズレなし。 現実的じゃない話でも違和感がない。 人の情念とか業みたいなものを描くのが上手いなあと思う。そんな世界に長いこと触れてい... もっと読む

アミダサマ

400
2.70

感想・レビュー

もうつらい…読みたくない…なんでこんなに嫌なことばっかりあるんだ… もう読みたくないんだ! …と思いながら、でもページをめくるのを止められずに読みました。... もっと読む

猫鳴り

321
3.45

感想・レビュー

瀕死状態だった仔猫だったもんちゃんは子供のいない夫婦に拾われ、20年の生涯を全うする。 その生涯を通じてかかわった人々を三部構成で描いている。 第... もっと読む

ユリゴコロ (双葉文庫)

318
3.71
沼田まほかる 電子書籍 2014年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

親友がユリゴコロの原作を読んでいて、「映画なら観たよ。面白かったけど、無双シーンがあってあれは流石にギャグになってたよね。あと矛盾点もいくつか気になったな... もっと読む

アミダサマ (光文社文庫)

292
2.98
沼田まほかる 2017年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初から最後まで、中弛みなし、夢中で読んだ おもしろい! もっと読む

彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)

194
3.88
沼田まほかる 電子書籍 2009年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半なんだかずっと不快な気分でなかなか乗れなかったのに後半はもうとにかくページを捲る手が止められなかった。 次へ次へと読み進んでいる間、面白いミステリに出... もっと読む

九月が永遠に続けば(新潮文庫)

74
3.21
沼田まほかる 電子書籍 2008年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

離婚後、高校生の息子と二人で暮らす佐知子。元夫安西の再婚相手亜沙実の娘、冬子を恋慕している犀田と関係を持つが、その後息子の文彦が失踪し、犀田が轢死する。犀... もっと読む

猫鳴り (双葉文庫)

46
3.09
沼田まほかる 電子書籍 2010年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この方の作品を読むことはあるのだろうかとおもっていたのだが、とある経緯で手元にやってきたので拝読した。夜中に読むことも、気分が落ち込んでいるときに読むこと... もっと読む

コミック版 ユリゴコロ(上)

44
2.83
亜月亮 2017年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 分冊版をブックパスにて。  立て続けに人が亡くなる、行方不明になる、事故に遭うなどなど、だいぶ悲惨な人生をたどり始めてきた主人公。  実家にてあるノ... もっと読む

アミダサマ(新潮文庫)

42
3.18
沼田まほかる 電子書籍 2011年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何かで薦められていて読んだけど、 もっと読む
全65アイテム中 1 - 20件を表示

沼田まほかるに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×