ジュール・ヴェルヌのおすすめランキング

プロフィール

Jules Verne(ジュール・ヴェルヌ)

1828年,フランス北西部の都市ナントに生まれる.二十歳でパリ上京後,代訴人だった父の跡を継ぐことを拒否し,オペレッタの台本やシャンソンを執筆する.1862年,出版者ピエール=ジュール・エッツェルと出会い,その示唆を得て書いた『気球に乗って五週間』で小説家デビューを果たす.以後,地理学をベースにした冒険小説を次々に発表.作者が1905年に没するまでに六十篇を超えたそれらの小説は,いずれもエッツェル社から刊行され,1866年以降,その挿絵版が〈驚異の旅〉という総タイトルの下にシリーズ化された.代表作は,『地球の中心への旅』『海底二万里』『八十日間世界一周』『神秘の島』『ミシェル・ストロゴフ』等.多くの科学者や探検家が子供の頃に読んで強い影響を受けただけではなく,コナン・ドイル以降のジャンル小説の書き手はもちろん,レーモン・ルーセル,ミシェル・ビュトール,ジュリアン・グラック,ジョルジュ・ペレック,ル・クレジオ等々,ヴェルヌとの文学的血縁関係を自認する作家は少なくない.

「2017年 『ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクションIV 蒸気で動く家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジュール・ヴェルヌのおすすめランキングのアイテム一覧

ジュール・ヴェルヌのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『十五少年漂流記 (新潮文庫)』や『海底二万里(上) (新潮文庫)』や『海底二万里 (創元SF文庫)』などジュール・ヴェルヌの全205作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

十五少年漂流記 (新潮文庫)

2151
3.71

感想・レビュー

すごく面白かった.... こんな冒険してみたい みんなしっかりしてて自分も見習おうと思った 憧れるなあ もっと読む

海底二万里(上) (新潮文庫)

715
3.69

感想・レビュー

『海底二万里』 ジュール・ヴェルヌ  あのディズニーシーのアトラクションで有名な「海底二万マイル」の元ネタ。  作品名ぐらいは聞いた事があるのではないだ... もっと読む

海底二万里 (創元SF文庫)

540
3.65

感想・レビュー

面白かったがけっこう辛かった。延々と海底世界を旅行するだけで、筋立てがあまりないんですよね。これで500ページ越えはなかなか大変。 もっと読む

海底二万里(下) (新潮文庫)

521
3.67

感想・レビュー

やっぱり挿絵が素晴らしい。レトロな機械じかけの潜水艦が海底にいざなってくれる感じ。児童文学らしい懐かしさと独特の雰囲気(アンティーク調で、グロ美しい)がこ... もっと読む

地底旅行 (岩波文庫)

450
3.91

感想・レビュー

SFの祖とも云われる19世紀フランスの作家ジュール・ヴェルヌ(1828-1905)の長編小説、1864年。地理学・地質学・鉱物学・古生物学などの科学的知見... もっと読む

八十日間世界一周 (岩波文庫)

351
3.80

感想・レビュー

青春18を使っての旅のお供に。 夢中になって本を読んだのは久しぶり。とても感情移入のしにくい登場人物に「とはなんたるか」な文章、そのわりに簡潔な文脈、描写... もっと読む

八十日間世界一周 (創元SF文庫)

325
3.88

感想・レビュー

旅先で一気に読んだ本。展開がスピーディーでストーリーも最高。久しぶりの星5つ。 もっと読む

地底旅行 (創元SF文庫)

286
3.84

感想・レビュー

ずっと昔に地球の芯に到達し戻ってきた男がいる という事実を知った鉱物学教授とその甥の冒険記。 ロマンです! 飢えと疲労で死にかけたり、 滝... もっと読む

海底二万海里 (福音館古典童話シリーズ)

222
4.20

感想・レビュー

2014年夏の自分への課題図書。 森見登美彦氏がいろいろなところでおすすめ本として紹介していたので読みたいと思い、古本屋さんで購入したのですが、2年ほど... もっと読む

月世界へ行く (新装版) (創元SF文庫)

205
3.42

感想・レビュー

2006年に読む。  ジュール・ヴェルヌ 「月世界旅行」の後編が 本書です。 翻訳なので、タイトルが「月世界一周」「月世界へ行く」「月世界探検」と まちま... もっと読む

八十日間世界一周〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

189
4.03

感想・レビュー

子供の頃もちろん長編ではないが読んで感動した作品。主人公の物怖じしない冷静さがかっこよかった。2018.12.29 もっと読む

二年間の休暇 (福音館古典童話シリーズ)

178
4.16

感想・レビュー

あまりにも有名なジュール・ヴェルヌの少年文学の古典。 知っていたつもりで読んだことなかったのだが、仕事の合間に読んでみたところ、さすがに100年以上の時... もっと読む

海底二万里〈上〉 (岩波文庫)

155
3.54

感想・レビュー

千葉にあるのに東京な「ネズミーランド」のアトラクションにもあるので若い世代でも題名だけは知っているであろう海洋SFの古典。今から150年前に描かれた本書は... もっと読む

八十日間世界一周〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

152
4.04

感想・レビュー

「1991年、夏」 <マイ五ツ星> フランス人作家:★★★★★ <あらすじ>-ウラ表紙より 1872年のロンドン、謎の紳士フォッグ氏は... もっと読む

神秘の島(上) (福音館古典童話シリーズ)

151
4.29

感想・レビュー

2012/3/4、5/22 追記 2008/11/5に、映画「センター・オブ・ジ・アース 3D」を観ました。 これは、ヴェルヌ「地底旅行」を元に話が膨ら... もっと読む

神秘の島〈第1部〉 (偕成社文庫)

131
4.20

感想・レビュー

 ヴェルヌの孤島生活ものです。 『二年間の休暇』では難破した船に積んでいた積み荷を島に運ぶことができましたが、本作品では気球で漂流中に軽くするため、ほと... もっと読む

地底旅行 (偕成社文庫)

121
3.85

感想・レビュー

2012/4 映画 「センター・オブ・ジ・アース」2 3D が公開。 それに先立って 「センター・オブ・ジ・アース」3D がTV放映されました。 地底空... もっと読む

八十日間世界一周 (角川文庫)

111
3.66

感想・レビュー

この作品は、以前に本も読んだし、映画(ビデオ)もみたけど、とにかく楽しいお話です。 ヴェルヌの作品で一番楽しいのはこれでしょう。 八十日間で世界一周する... もっと読む

海底二万里〈下〉 (岩波文庫)

110
3.66

感想・レビュー

1840年代にエドガー・アラン・ポーが「小説に科学的事実を取り入れることによって物語に真実味を持たせる」という技法を示し、感銘を受けて科学冒険小説の多くを... もっと読む

神秘の島(下) (福音館古典童話シリーズ)

109
4.25

感想・レビュー

ストーリー :☆☆☆☆☆ 世界観   :☆☆☆☆ ビジュアル :☆☆☆☆ キャラクター:☆☆☆☆☆ 読みやすさ :☆☆☆☆ オススメ度 :機会が... もっと読む
全205アイテム中 1 - 20件を表示

ジュール・ヴェルヌに関連する談話室の質問

ツイートする