アガサ・クリスティーのおすすめランキング

アガサ・クリスティーのおすすめランキングのアイテム一覧

アガサ・クリスティーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』などアガサ・クリスティーの全783作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

5633
4.10

感想・レビュー

舞台を日本に変えてドラマ化されたのを見て、久しぶりに読んでみたくなった物語である。 すでに展開も結末も知っていたのだが、それでもやはり面白いと感じた。 初... もっと読む

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

4835
3.97

感想・レビュー

10人の男女が仕事の依頼や招待を受けて、オーエン夫妻の所有するインディアン島を訪れる。そこには夫妻はおらず、夕食の後にくつろいでいると、突然レコードから声... もっと読む

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

3884
3.90

感想・レビュー

言わずと知れたクリスティの代表作の一つ。 小さな町に住むシェパード医師のもとにかかってきた一本の電話。 「ロジャー・アクロイドが殺されているの... もっと読む

ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

2674
3.69

感想・レビュー

ABCを名乗る人物からポアロに宛てられた挑戦状。 予告通り,Aから始まる土地で,Aの頭文字の人物が殺された。 現場に残されたABC鉄道案内。 そ... もっと読む

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

2550
4.06

感想・レビュー

世の中って多くのことが理不尽だし不公平だし、自分ではコントロール出来ないことばかりだから、思考を停止させて自分にとって都合の良いように世の中を解釈し続けれ... もっと読む

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

2181
3.91

感想・レビュー

偶然ポアロが乗車したオリエント急行内で起きた殺人事件。会社の重役から依頼を受けて、捜査に乗り出す。 乗客からの聞き込みを開始するが、個性豊かな13人には... もっと読む

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1953
3.63

感想・レビュー

初めてのクリスティだが、緻密な伏線も、何度か転覆する物語も素晴らしかった。 100年前の小説とは思えない、色褪せない犯人当てミステリだった。 もっと読む

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1568
4.04

感想・レビュー

有名なタイトルに何だか知ってるつもりになっていたので、今回ちゃんと読んでみました。 大雪のために立ち往生した豪華国際列車。そのコンパートメントの一室... もっと読む

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1278
3.87

感想・レビュー

ゆったりから加速するミステリ。 舞台はナイル河をさかのぼる豪華客船。 限られた場所、限られた人物で描かれる物語は文句なしに心を弾ませる。 事件が起き... もっと読む

火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

872
3.74

感想・レビュー

ミスマープルシリーズを初めて読んだ。当時雑誌に掲載されていた13の短編を集めたもので、単行本化されたのはシリーズ2作目になるらしい。 火曜日にそれぞれが... もっと読む

ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

766
3.82

感想・レビュー

「殺人は結果なのだ。物語はそのはるか以前から始まっているーー」「すべてがある点に向かって集約していく…そして、その時にいたるーークライマックスに!ゼロ時間... もっと読む

そして誰もいなくなった (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 1-1))

766
3.80

感想・レビュー

とにかく大好きです。これから読む人もいるだろうと思うので、詳しく書けないのが残念。でも、犯人が誰か分からぬまま皆が疑心暗鬼になっていくという感じがすごくよ... もっと読む

予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

758
3.64

感想・レビュー

チッピング・クレグホーンという小さな村のコミュニティ誌に「リトル・パドックスで殺人があるから、お越しをお待ちします」という広告が載る。リトル・パドックスは... もっと読む

ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

742
3.16

感想・レビュー

アガサ・クリスティー 名探偵ポアロシリーズ4「ビッグ4」 突然ポアロの家に倒れ込んできた謎の男が、ただただ「4..4..」と 呟くばかりの言葉を... もっと読む

ポアロ登場 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

740
3.34

感想・レビュー

 名探偵ポアロと相棒ヘイスティングズが14の謎に挑む短編集。  印象的なのは「首相誘拐事件」トリックは時代もあってちょっと使い古された感じですが、第... もっと読む

青列車の秘密 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

649
3.44

感想・レビュー

ポアロシリーズ5作目。 青列車の秘密、、、 ブルートレインの秘密の方がカッコイイと思うんだけど(笑) タイトルはさておき、個人的にはとても楽しめ... もっと読む

ポアロのクリスマス (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

638
3.62

感想・レビュー

クリスマスの休暇で実家であるゴーストン館を訪れていた40歳代の4兄弟たちとその妻、亡くなった娘の孫娘。旧友の息子である客人。 クリスマスイブに惨劇が。主... もっと読む

メソポタミヤの殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

627
3.50

感想・レビュー

裏表紙の説明には「考古学者と再婚したルイーズの元に、死んだはずの先夫から脅迫状が舞い込んだ」とあり、おお、一体どういうことか、何事が起こるのかと興味をそそ... もっと読む

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

617
3.63

感想・レビュー

これは凄まじく面白い。 今まで、ポアロシリーズの中では 「オリエント急行の殺人」が一番好きだったが、 ここに来て一気に本作品がトップに躍り出た。 ... もっと読む

ポケットにライ麦を (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

603
3.66

感想・レビュー

「ミス・マープル」シリーズを初読み。 ポアロ以外を初めて読んだが クリスティーっぽさを感じられた。 もっと読む
全783アイテム中 1 - 20件を表示

アガサ・クリスティーに関連する談話室の質問

ツイートする