アガサ・クリスティーのおすすめランキング

アガサ・クリスティーのおすすめランキングのアイテム一覧

アガサ・クリスティーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『アクロイド殺し (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 3)』や『春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』などアガサ・クリスティーの全907作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

17090
4.14

感想・レビュー

【感想】 言わずと知れた、アガサクリスティーの代表作の1つ。 ・・・にも関わらず、タイトルは聞いたことがありますが、一度も読んだことがない作品でした。... もっと読む

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 3)

8018
3.93

感想・レビュー

ポアロの頭の中は常に明瞭なんですが、私の頭の中は五里霧中で… 先が気になるけど、読み進めるのがもったいない…を繰り返してなんとか読了。 最後まで読んで全て... もっと読む

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

6144
4.05

感想・レビュー

基本に還ろう! ということで、超久し振りのアガサ・クリスティー。 子供の頃は良く読んでいた気がするけど、ブグログ登録は初。 ポアロもマープルも出て... もっと読む

ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

5720
3.74

感想・レビュー

ミステリーファンではありませんでしたが、何とも言えない読了感がたまらないですね。 この作品は途中で犯人像が大体つかめましたが、推理してゆく事で頭の刺激にな... もっと読む

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 80)

5562
3.98

感想・レビュー

1年以上前に芦田愛菜さんの「まなの本棚」に刺激されて読みたいと思っていた本です。 外国の小説は苦手でほとんど読んでいないので、初アガサ・クリスティーでし... もっと読む

オリエント急行の殺人 ((ハヤカワ文庫―クリスティー文庫))

4796
4.11

感想・レビュー

最初いつ読んだのかネタバレ前に読めたのかも忘れたが再読。どんな風に匂わせるの?とか、いつポアロが気付いた事にするの?等クリスティーの書き方に注目。いかに緻... もっと読む

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 1)

3983
3.67

感想・レビュー

エルキュール・ポアロ初登場作品。そしてアガサ・クリスティーのデビュー長編小説。 大変楽しい読書時間だった。100年前に生まれた作品なのに、全く古さを感じる... もっと読む

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 8)

2685
3.94

感想・レビュー

偶然ポアロが乗車したオリエント急行内で起きた殺人事件。会社の重役から依頼を受けて、捜査に乗り出す。 乗客からの聞き込みを開始するが、個性豊かな13人には... もっと読む

そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)

1910
4.06
アガサ・クリスティー 電子書籍 2010年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(ネタバレなし) ボクは実用書、ビジネス書、自己啓発書を好んで読むタイプですが、 ついに、「これからは小説も読みこんでいこう!!」 と思わせられるような... もっと読む

ナイルに死す (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 15)

1761
3.94

感想・レビュー

ゆったりから加速するミステリ。 舞台はナイル河をさかのぼる豪華客船。 限られた場所、限られた人物で描かれる物語は文句なしに心を弾ませる。 事件が起き... もっと読む

ナイルに死す〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 15)

1634
4.11

感想・レビュー

BSドラマでのキャスティングを思い出しながら読む。結末知っていてもなかなか事件起きなくても、ポアロの調査によって徐々に明らかになる事実に釣られてぐいぐい読... もっと読む

火曜クラブ (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 54)

1454
3.69

感想・レビュー

ミス・マープル初登場の短編集。 本人だけが解答を知っている未解決事件を披露して全員で真相を推理する安楽椅子探偵もの13編。内容は、ミス・マープルの自宅が... もっと読む

ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1321
3.17

感想・レビュー

エピソード集のようなスリラーもの。あまり好みでないかも。中村妙子さんの訳者解説を読んで納得。クリスティー人生の大変な時期に短編をまとめて出版されたとのこと... もっと読む

そして誰もいなくなった (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-1)

1318
3.85

感想・レビュー

伝説級のミステリの1冊! なんの予備知識なく読めた奇跡に感謝! 当時はページをめくるのがもどかしく、自宅に帰る時間も惜しくてビルの階段に座りこんで夢中にな... もっと読む

ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1288
3.84

感想・レビュー

自分へのクリスマスプレゼントでクリスティーを読む。事件が起きるまでの不穏な感じと歪んだ人間関係がいつもながら上手くて好み。やっぱり騙されちゃった。単にいい... もっと読む

ポアロ登場 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1258
3.40

感想・レビュー

短編集。ミステリ的にどうかはともかく、ポアロとヘイスティングズの掛け合いが楽しい。ジャップ警部も絡む『マースドン荘の悲劇』と『ミスタ・ダヴンハイムの失踪』... もっと読む

パディントン発4時50分 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 41)

1223
3.72

感想・レビュー

まだ事件になってい殺人の目撃場面から始まり、ルーシーという頭脳明晰なフリーランスの売れっ子家政婦という魅力的な探偵補佐役を配しての展開が新鮮!時代背景や犯... もっと読む

青列車の秘密 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1171
3.50

感想・レビュー

ドラマでの結末を思い出さないよう読む。クリスティーの得意な人間関係の描写にはまる。いわくある宝石、お金持ちの父その娘と離婚間近の婿や愛人、遺産相続人となっ... もっと読む

ポアロのクリスマス (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1139
3.67

感想・レビュー

図書館でいい時期に借りられた。クリスマスにギスギスした一族が集まるお屋敷で起きた血みどろの殺人。ミステリーの王道の様なシチュエーションと期待を裏切らない大... もっと読む

鏡は横にひび割れて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1138
3.82

感想・レビュー

エリザベス・テーラーの映画で知っていたが改めて読んで面白かった。ミス・マープルをお婆さん扱いする看護師に憤慨したり、メイドのチェリーと意気投合したり、クラ... もっと読む
全907アイテム中 1 - 20件を表示

アガサ・クリスティーに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×