トーマス・マンのおすすめランキング

プロフィール

【著者】トーマス・マン(Thomas Mann)1875年6月6日北ドイツのリューベクに生まれる。1894年ミュンヒェンに移り、1933年まで定住。1929年にはノーベル文学賞を授けられる。1933年国外講演旅行に出たまま帰国せず、スイスのチューリヒに居を構える。1936年亡命を宣言するとともに国籍を剥奪されたマンは38年アメリカに移る。戦後はふたたびヨーロッパ旅行を試みたが、1952年ふたたびチューリヒ近郊に定住、55年8月12日同地の病院で死去する。

「2016年 『トーマス・マン日記 1918-1921』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トーマス・マンのおすすめランキングのアイテム一覧

トーマス・マンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『魔の山(上) (新潮文庫)』や『魔の山 上 (岩波文庫)』や『トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す (新潮文庫)』などトーマス・マンの全194作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

魔の山(上) (新潮文庫)

1179
3.68
トーマス・マン 1969年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学生の頃背伸びして読んだ。 知識人に憧れがあったのでセテムブリーニ氏がかっこよく思えた。 サナトリウムでは時間がゆっくり流れるが当時の自分にも時間は無限... もっと読む

魔の山 上 (岩波文庫)

888
3.68
トーマス・マン 1988年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

年の頃24の青年ハンス・カストルプは、スイス・ダヴォスの山間のサナトリウムにやって来る。従兄弟のヨーアヒム・チームセンを見舞いつつこの高原で3週間程の休暇... もっと読む

トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す (新潮文庫)

880
3.57
トーマス・マン 1967年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ヴェニスに死す』は、映画とずいぶん印象が違う。 2作とも面白かったが、充分理解したとはとても言えないので、少し置いて再読したい。 もっと読む

魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)

725
3.66
トーマス・マン 1969年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 上下巻の大長編なので読み通すのに精一杯、というのが正直な所だが教養小説を志向しただけに、様々な、そして趣の異なった魅力がふんだんに詰まった小説だった。 ... もっと読む

魔の山 下 (岩波文庫)

566
3.79
トーマス・マン 1988年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻からは想像できないくらいの死。ナフタが登場してセテムブリーニとの宗教論争、政治論争、平和論争が延々と続き、終盤のペーペルコルンの登場で突然円周率の計算... もっと読む

ブッデンブローク家の人びと 上 (岩波文庫)

431
3.90
トーマス・マン 1969年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021/8/29 夫との別離を機に「人生の常で…」という言葉を発するようになったトーニ。ひとまず上巻の一連の出来事はこの一言に集約されるように思える。... もっと読む

ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫)

307
3.28
トーマス・マン 2007年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生で一番難しい本な気がする…… 正直途中わけわからんくなりながら、ページ進めてた(´・ω・`) しかし、トーマス・マン研究の方の授業で『魔の山』のレポー... もっと読む

トオマス・マン短篇集 (岩波文庫 赤 433-4)

298
3.45
T.マン 1979年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「およそ不幸というものは、たった一つしかない――自分に対する好感を失うことである。」 もっと読む

ベニスに死す (集英社文庫)

234
3.50
トーマス・マン 2011年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美少年に捧げる人生……素敵じゃない? もっと読む

トーニオ・クレーガー 他一篇 (河出文庫)

233
3.92
トーマス・マン 2011年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とてもよかった。 まずは、表題作『トーニオ・クレーガー』から。 繊細で、感傷的で、扱いにくいこの感情を、何と呼ぼう。 しかしその危うい心を、柔ら... もっと読む

だまされた女/すげかえられた首 (光文社古典新訳文庫)

143
3.31
トーマス・マン 2009年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トーマスマン でレポートかかなきゃいけないとき、『魔の山』で書こうと決めてたけど心折れかけてる時読んだ。でもあんまりおもしろくなくて、結局レポートは書いた... もっと読む

詐欺師フェーリクス・クルルの告白〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

119
3.50
トーマス・マン 2011年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「武器は美貌、爽やかな弁舌、鮮やかな模倣の才」とかいう裏表紙の解説に惹かれ手に取るも、こっ、これはっ、かなり、むかつく。 「貧しい」とのことだが、違うだ... もっと読む

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下) (光文社古典新訳文庫)

87
3.69
トーマス・マン 2011年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

未完の遺作だったようで、出版時は売れたらしい。上巻を読んでからだいぶ時間が経ってしまった。ほんっとにね、クルルのことがいけすかなくてね、なんとか何やっても... もっと読む

ドイツとドイツ人 他五篇(講演集) (岩波文庫)

85
3.41
トーマス・マン 1990年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 大学でドイツの文学についての授業を取っています。そこで課題図書として必要でしたので、読ませていただきました。  古い本でしたので、翻訳も難しい言葉を使... もっと読む

トニオ・クレーガー (光文社古典新訳文庫)

80
2.92
トーマスマン 2018年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100年以上も昔の作品だが、登場するのは「普通の」人びとの輪に入れない種類の人間という普遍性あるキャラクター。そして「普通」になれないとはいえ所詮は一般人... もっと読む

ファウスト博士 上 (岩波文庫 赤 434-4)

78
3.80
トーマス・マン 1974年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1947年刊行。悪魔と契約を結んだ天才作曲家、アドリアン・レーヴェルキューンの破滅と没落の悲劇を通じて、ドイツ人の抽象性や観念的陶酔を描いている。これはす... もっと読む

五つの証言 (中公文庫プレミアム)

63
4.60
トーマス・マン 2017年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特にマンの文章について、2割くらいしか理解できなかった。また来年の8月に再読しようと思う もっと読む

ゲーテとトルストイ (岩波文庫)

56
3.73
トーマス・マン 1992年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学作品よりもこの手の講演の方が、トーマスマンは得意だったのではないでしょうか。素晴らしいです。 もっと読む
全194アイテム中 1 - 20件を表示

トーマス・マンに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×