トーマス・マンのおすすめランキング

プロフィール

【著者】トーマス・マン(Thomas Mann)1875年6月6日北ドイツのリューベクに生まれる。1894年ミュンヒェンに移り、1933年まで定住。1929年にはノーベル文学賞を授けられる。1933年国外講演旅行に出たまま帰国せず、スイスのチューリヒに居を構える。1936年亡命を宣言するとともに国籍を剥奪されたマンは38年アメリカに移る。戦後はふたたびヨーロッパ旅行を試みたが、1952年ふたたびチューリヒ近郊に定住、55年8月12日同地の病院で死去する。

「2016年 『トーマス・マン日記 1918-1921』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トーマス・マンのおすすめランキングのアイテム一覧

トーマス・マンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『魔の山 (上巻) (新潮文庫)』や『トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す (新潮文庫)』や『魔の山〈上〉 (岩波文庫)』などトーマス・マンの全166作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

魔の山 (上巻) (新潮文庫)

822
3.72
トーマス・マン 1969年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハンス・カストルプは、ダボスのサナトリウムで療養中のいとこを訪ねたが、滞在中に病に罹り、そこでの長期療養を余儀なくされる。療養生活の中でショーシャというロ... もっと読む

トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す (新潮文庫)

714
3.59
トーマス・マン 1967年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題二篇が収録された本作。『ヴェニスに死す』が読みたくて手に取りました。 初老の芸術家アシェンバハは旅行先のヴェネツィアに滞在していたところ、同じホテル... もっと読む

魔の山〈上〉 (岩波文庫)

652
3.68
トーマス・マン 1988年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書日:2017年3月1日-5日,3月20日-26日. Original title:Der Zauberberg. Author:Paul Thomas... もっと読む

魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)

525
3.75
トーマス・マン 1969年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1924年に出版された小説にこんなに共感出来るなんて意外でした。「精神と肉体」だとか「生と死」だとか「愛」だとか「時間」だとか、そういったかたちのないもの... もっと読む

魔の山〈下〉 (岩波文庫)

420
3.77
トーマス・マン 1988年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻からは想像できないくらいの死。ナフタが登場してセテムブリーニとの宗教論争、政治論争、平和論争が延々と続き、終盤のペーペルコルンの登場で突然円周率の計算... もっと読む

ブッデンブローク家の人びと〈上〉 (岩波文庫)

286
3.87
トーマス・マン 1969年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻を読み終わっていないから登録しておく。北杜夫の影響です。 もっと読む

ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫)

215
3.31
トーマス・マン 2007年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

濃厚な死の気配。 老作家、アッシェンバッハを魅了して止まなかった青白い顔をした美少年タッジオ。彼は、性別や生死をも超越したような存在に思えた。 もっと読む

トオマス・マン短篇集 (岩波文庫 赤 433-4)

207
3.46
トーマス・マン 1979年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「およそ不幸というものは、たった一つしかない――自分に対する好感を失うことである。」 もっと読む

トーニオ・クレーガー 他一篇 (河出文庫)

178
3.96
トーマス・マン 2011年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とてもよかった。 まずは、表題作『トーニオ・クレーガー』から。 繊細で、感傷的で、扱いにくいこの感情を、何と呼ぼう。 しかしその危うい心を、柔ら... もっと読む

ブッデンブローク家の人びと 下 (岩波文庫 赤 433-3)

151
4.05
トーマス・マン 1969年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原書名:Buddenbrooks 著者:トーマス・マン(Mann, Thomas, 1875-1955、ドイツ、小説家) 訳者:望月市恵(1901... もっと読む

ベニスに死す (集英社文庫)

143
3.46
トーマス・マン 2011年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルだけは知っていましたが 映画も見ていないし 正直、どんな系統の話かも知らずに この美しい表紙と 「トーマス・マンだったの?原作!(いや、ト... もっと読む

だまされた女/すげかえられた首 (光文社古典新訳文庫)

103
3.24
トーマス・マン 2009年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「女」しゃがんだ時にズボンとシャツの間から肌が見える現象をセクシーと捉えるのか、だらしないと捉えるのか。イケメンが俺と同じ事言っても、俺はセクハラで向こう... もっと読む

講演集 ドイツとドイツ人 他五篇 (岩波文庫)

64
3.50
トーマス・マン 1990年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有名なナチズムとの対決/への警告…「理性に訴える」(1930年)、「ボン大学との往復書簡」(1937年)を含む。3刷7月。図書館本。248 もっと読む

ファウスト博士 上 (岩波文庫 赤 434-4)

50
3.80
トーマス・マン 1974年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1947年刊行。悪魔と契約を結んだ天才作曲家、アドリアン・レーヴェルキューンの破滅と没落の悲劇を通じて、ドイツ人の抽象性や観念的陶酔を描いている。これはす... もっと読む

ゲーテとトルストイ (岩波文庫)

40
3.67
トーマス・マン 1992年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトル通りの内容なのだけれどきちんとした意識を念頭にこの二人について、シラー、ドストエフスキーなんかも用いながら述べられている。二人に対して興味が持てる... もっと読む

ワイマルのロッテ (上) (岩波文庫)

37
3.75
トーマス・マン 2002年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある日ワイマルの旅館エレファントを、品のよい年配の淑女が訪れた。実は彼女こそ『若きウェルテルの悩み』の悲恋の相手、ロッテの44年後の姿であった。彼女は(一... もっと読む
全166アイテム中 1 - 20件を表示

トーマス・マンに関連する談話室の質問

ツイートする