島田雅彦のおすすめランキング

プロフィール

1961年生まれ。83年、「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。著書に『彼岸先生』(泉鏡花文学賞)、『虚人の星』(毎日出版文化賞)、『君が異端だった頃』(読売文学賞)『スーパーエンジェル』など。

「2022年 『にごりえ 現代語訳・樋口一葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田雅彦のおすすめランキングのアイテム一覧

島田雅彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『彼岸先生 (新潮文庫)』や『源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)』や『僕は模造人間 (新潮文庫)』など島田雅彦の全305作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

彼岸先生 (新潮文庫)

555
3.45

感想・レビュー

もう人間はいなくなってしまった。人間の影だけだ。現実もまた消えてなくなってしまった。 日記は嘘しか書かない。ここに書かれた私はフィクションである。 ラ... もっと読む

源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)

535
3.05
江國香織 2011年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

源氏物語を題材とした9つの作品を集めたアンソロジー。 ほぼ現代語訳というものもあれば、時代はそのままに面白おかしく喜劇に仕立てたもの、舞台を現代に置き換... もっと読む

僕は模造人間 (新潮文庫)

510
3.53

感想・レビュー

主人公がひねくれすぎているところもあるがなんだか癖になり気づけば最後まで読み終えていた もっと読む

自由死刑 (集英社文庫)

498
3.31
島田雅彦 2003年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

P109 目に見える茶の間には母とテーブル、コロッケを持った皿と箸しかないが、母の脳の片隅の茶の間には親父も善男もいて、時々憶い出し笑いをしながら、煙草を... もっと読む

必読書150

459
3.39
柄谷行人 2002年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

選書者のみんな、ガチで薦めてくる。 1/3くらいはどうにか読んだことがあるものの、残り100冊の必読書を読むには寿命が足りない。プルーストの『失われ... もっと読む

優しいサヨクのための嬉遊曲 (新潮文庫)

442
3.27
島田雅彦 2001年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島田雅彦、高校生くらいのとき一時ハマった。面白いおじさんやと思った記憶がある もっと読む

わたしのなつかしい一冊

424
3.44
池澤夏樹 2021年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎日新聞の「今週の本棚」の中の「なつかしい一冊」というコラムを集めたもので、人気作家さんなど50人が紹介する50冊。 大きめの文字表記に、寄藤文平さんの... もっと読む

悪貨 (100周年書き下ろし)

419
3.45
島田雅彦 2010年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

序盤の展開は面白くて引き込まれる。 でも、カラクリが分かってからは少し失速してしまった感がある。 ちょっともったいなかった。 もっと読む

小説作法ABC (新潮選書)

380
3.51
島田雅彦 2009年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

引用をあまり読まない斜め読み。 東京をよそ目線から書く、という項目などは発見があった もっと読む

つやつや、ごはん (おいしい文藝)

380
3.11
出久根達郎 2014年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は同情する事が大好きだから 嘘を言って騙せば 簡単に<むすび>がもらえる。 嘘の話に うんうんと頷き 「さぞや大変だったろう。」 「これ... もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

325
3.10
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

ニッチを探して

320
3.46
島田雅彦 2013年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家族から職場から、突然の失踪。中年銀行マン、藤原道長は会社のカネを着服し、にわかホームレスとなり、誰も知らない自分だけの居場所「ニッチ」を求めて東京都内を... もっと読む

好色一代男/雨月物語/通言総籬/春色梅児誉美 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集11)

302
3.46
島田雅彦 2015年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いまにも溶けてしまいそうな暑さが続いていますが、そんなときには、ひやっ~とする怪異談ですね(^^♪ といっても、ただの怪談ではありません。ホラー恐怖物でも... もっと読む

ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ

256
3.24
江國香織 2008年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重要文化財の源氏物語絵巻を、薄紫の無地で惜しげもなく覆い 「九」の文字の部分だけ切り抜いてちらりと垣間見せるという、なんとも贅沢な表紙! 表紙を捲ると、見... もっと読む

彗星の住人―無限カノン〈1〉 (新潮文庫)

234
3.70
島田雅彦 2006年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

蝶々夫人。JBから蔵人、4代目のカヲルへと至るアメリカと日本の間の憧れと不信の揺れ動き、音楽と若さと恋心。 時代をも変える個人的で秘めやかで強い愛。 フィ... もっと読む

ドンナ・アンナ (新潮文庫)

232
3.36

感想・レビュー

ドンナ・アンナは良かった。主人公が女性だからか、胡散臭い下ネタに走らず、過激にならず。少なくとも蒸発した男と(島田雅彦にありがちの)夢の中や幻の中で暮らし... もっと読む

傾国子女

228
3.42
島田雅彦 2013年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の頭の中の妄想として十分エンタメ。 でも感情移入し辛いんだよな。 最後15年分端折り過ぎだよな。書くの飽きたのか? 島田雅彦は当たり外れ多そうだから... もっと読む

もうすぐ絶滅するという煙草について

215
3.24
芥川龍之介 2018年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「喫煙者の言い訳集」ですね、これ。 中には非喫煙者のコメントもありますけど。 見苦しさ満載で、そこが面白い、という人もいれば、つまらない、とい... もっと読む

君が異端だった頃

214
3.94
島田雅彦 2019年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島田雅彦自身の幼少期から〝青春の終わり〟まで(=作家として20代を終えるまで)が赤裸々に描かれた、話題沸騰の私小説である。 一気読みしてしまうくらい... もっと読む
全305アイテム中 1 - 20件を表示

島田雅彦に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×