貫井徳郎のおすすめランキング

プロフィール

1968年東京都生まれ。93年『慟哭』でデビュー。2010年『乱反射』で日本推理作家協会賞、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞を受賞。他書に『天使の屍』『崩れる』『灰色の虹』『新月譚』『微笑む人』『ドミノ倒し』『私に似た人』『我が心の底の光』など多数。

「2018年 『女が死んでいる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貫井徳郎のおすすめランキングのアイテム一覧

貫井徳郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『慟哭 (創元推理文庫)』や『愚行録 (創元推理文庫)』や『プリズム (創元推理文庫)』など貫井徳郎の全217作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

慟哭 (創元推理文庫)

6305
3.66
貫井徳郎 1999年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうこく。読み方がなかなか覚えられない。 こういう構成を好んで読んでたせいか、中盤でうっすら結末がみえてしまった。 この手のものは90年代前半からあった... もっと読む

愚行録 (創元推理文庫)

2238
3.55
貫井徳郎 2009年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

深夜、家に忍び込んだ何者かによって、一家四人が惨殺された。理想の家族に見えた彼らは、一体なぜ殺されたのか。物語は一家殺害事件の被害者についてのインタビュー... もっと読む

プリズム (創元推理文庫)

1999
3.22
貫井徳郎 2003年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリーの一つの形としてこういったものもあるらしいが、やはりスッキリしない。 被害者に関わりのある人々がそれぞれのやり方、視点で調査をして一応の結論を出... もっと読む

乱反射 (朝日文庫)

1513
3.88
貫井徳郎 2011年11月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこにでもいる、普通の人々の何気ない行為が、重大な事件につながり、しかし誰もがその結果に無自覚で、責任を認めない、まさに現代社会を告発する書。 「みんな... もっと読む

失踪症候群 (双葉文庫)

1299
3.24
貫井徳郎 1998年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 若者失踪の真実に迫る環率いるチーム。メンバーである原田の娘、また過激なバンドが絡み、事件は思いがけない方向へ進んでいく。  ミステリーとして先を読... もっと読む

被害者は誰? (講談社文庫)

1095
3.18
貫井徳郎 2006年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々の講談社文庫で活字に慣れるまでに時間がかかった。 容姿端麗、頭脳明晰の人気作家、吉祥院慶彦。大学の後輩である警視庁捜査一課の桂島くんが持ち込む事件をサ... もっと読む

殺人症候群 (双葉文庫)

989
3.65
貫井徳郎 2005年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく緻密に描かれたストーリーなのに、なぜか登場人物の気持ちがダイレクトには伝わってこない。特に手を下す役回りの渉の動機が、事実の列挙だけなのは致命的なの... もっと読む

空白の叫び〈上〉 (文春文庫)

984
3.85
貫井徳郎 2010年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

退屈な日常の中で飼いならしえぬ瘴気を溜め続ける久藤。恵まれた頭脳と容姿を持ちながら、生きる現実感が乏しい葛城。複雑な家庭環境ゆえ、孤独な日々を送る神原。世... もっと読む

崩れる 結婚にまつわる八つの風景 (角川文庫)

964
3.21
貫井徳郎 2011年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結婚生活においての怖い8つの物語。 8話それぞれ最後は極端な終わり方をしているが誰もが起こりうる環境によって一つ間違えればこのような話が自分にもふりかか... もっと読む

誘拐症候群 (双葉文庫)

947
3.39
貫井徳郎 2001年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

成功しないと言われている、誘拐ネタのストーリー 30/6/21 もっと読む

微笑む人

943
3.07
貫井徳郎 2012年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わー、もやもやするー!! あまり評価が良くないから期待しないで読んだのに、続きが気になってドンドン読み進めた。 最初に解決しないことは書いてあったし、最... もっと読む

天使の屍 (角川文庫)

892
3.16
貫井徳郎 2000年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったけれど、もう少し展開があるとよかった。やや意外性に欠けた。途中で先が読めた。 もっと読む

迷宮遡行 (新潮文庫)

876
3.01
貫井徳郎 2000年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 冴えない男性が失踪した美人の奥さんを探す。途中でヤクザが出てきたりいろいろ事件が起こりながら軽ーく話が進んでく。 軽いんだか何なんだか。 ... もっと読む

神のふたつの貌 (文春文庫)

842
3.17
貫井徳郎 2004年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

―神の声が聞きたい。牧師の息子に生まれ、一途に神の存在を求める少年・早乙女。彼が歩む神へと到る道は、同時におのれの手を血に染める殺人者への道だった。三幕の... もっと読む

転生 (幻冬舎文庫)

794
3.30
貫井徳郎 2003年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「臓器移植」に材をとった社会派ミステリーである。デリケートなテーマでありつつも、ファンタジー性、家族愛、友情、恋愛に、科学・医学の蘊蓄など盛りだくさんの内... もっと読む

乱反射

777
3.86
貫井徳郎 2009年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある意味とても恐ろしい小説。善人もしくは、善人だと思いこんでいる自分のような大多数の人にとっては究極のホラーかもしれない。不幸には、憎むべき明確な犯人や団... もっと読む

後悔と真実の色 (幻冬舎文庫)

777
3.73
貫井徳郎 2012年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫本689ページの分厚さがそのまま 犯人検挙までの途方もない困難さを表しているようでした。 ページを進むたびに、少しずつ少しずつ 犯人に近づいてい... もっと読む

新月譚

774
3.60
貫井徳郎 2012年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白くて一気読みしたが、結末には納得いかない。 長い期間小説家やって、恋以外の見識を広げる機会がある描写があるにもかかわらず、結果男一筋という結論か。がっ... もっと読む

空白の叫び〈下〉 (文春文庫)

772
3.82
貫井徳郎 2010年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会復帰後も失意の中にいた久藤は、友人水嶋の提案で、銀行強盗を計画し、神原と葛城にも協力を依頼する。三人は、神原の提案で少年院時代の知り合いである米山と黒... もっと読む

空白の叫び〈中〉 (文春文庫)

752
3.85
貫井徳郎 2010年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物語が転がった。刑務者の日常は、我々の非日常。分類すれば、それは大きな物語。大きな物語は、行き着く先を間違えると、とたんに陳腐になる。小さな物語ですら、読... もっと読む
全217アイテム中 1 - 20件を表示

貫井徳郎に関連する談話室の質問

ツイートする