阿川弘之のおすすめランキング

プロフィール

一九二〇年(大正九)広島市に生まれる。四二年(昭和一七)九月、東京帝国大学文学部国文科を繰り上げ卒業。兵科予備学生として海軍に入隊し、海軍大尉として中国の漢口にて終戦を迎えた。四六年復員。小説家、評論家。主な作品に『春の城』(読売文学賞)、『雲の墓標』、『山本五十六』(新潮社文学賞)、『米内光政』、『井上成美』(日本文学大賞)、『志賀直哉』(毎日出版文化賞、野間文芸賞)、『食味風々録』(読売文学賞)、『南蛮阿房列車』など。九五年(平成七)『高松宮日記』(全八巻)の編纂校訂に携わる。七八年、第三五回日本芸術院賞恩賜賞受賞。九三年、文化功労者に顕彰される。九九年、文化勲章受章。二〇〇七年、菊池寛賞受賞。日本芸術院会員。二〇一五年(平成二七)没。

「2018年 『南蛮阿房列車(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿川弘之のおすすめランキングのアイテム一覧

阿川弘之のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『きかんしゃやえもん (岩波の子どもの本)』や『アンソロジー お弁当。』や『山本五十六(上) (新潮文庫)』など阿川弘之の全398作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

きかんしゃやえもん (岩波の子どもの本)

634
3.76
阿川弘之 1959年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やえもんの「おれだってしゃあ、わかいころにはしゃあ・・・」という口調や客車の「ちゃんちゃんかたかたけっとん」などの擬音語がリズミカルでおもしろいと思います... もっと読む

アンソロジー お弁当。

533
3.50
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

山本五十六(上) (新潮文庫)

503
3.66
阿川弘之 1973年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻読了 発表順とテレコで、先に「米内」「井上」読んじゃってたんで、いくら抵抗してもドイツ大好き子さんたちに三国同盟に引きずり込まれる感じはデジャブ... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

492
3.46
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹空いた~!( >_<) エッセイの間に挟まれた様々なカレーの写真といい、 真っ黄色な紙といい、 著名人たちの好きが溢れたカレーエピ... もっと読む

大人の見識 (新潮新書)

471
3.20
阿川弘之 2007年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生の先輩からの教えを得る本。 もっと読む

山本五十六(下) (新潮文庫)

396
3.64
阿川弘之 1973年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山本戦死後の記載が半藤のものと比べ、充実していた。開戦の日の述志より、 名を惜しみ、己を潔くせむ私心ありてはこの大任は成し遂げ得まじ。 リーダーたるも... もっと読む

井上成美 (新潮文庫)

298
3.95
阿川弘之 1992年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海軍の反戦大将 読んでて思ったのは、強化版 御手洗くん ゴリゴリの合理主義者でよくあの時代に暗殺されなかったなと思う 日本人特有のその場の空気を大切に... もっと読む

雲の墓標 (新潮文庫)

298
3.99
阿川弘之 1958年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

春の城より読み終わるのに時間がかかったのは,やはり死と向き合わざるを得ない特攻学生の日記という重い内容であったからである.戦争の虚しさ,不条理を知りつつも... もっと読む

米内光政 (新潮文庫)

261
3.83
阿川弘之 1982年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豪快な性格ながらも、極限状態では緻密な判断を下せる能力。これが米内が持つ人を惹きつける力だったのか?著者が言うように、陸軍のトップも米内のようなカリスマ性... もっと読む

アンソロジー ビール

257
3.32
東海林さだお 2014年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治生まれの文豪や料理研究家、平成の今をときめく人気小説家まで、41名の手になる、ビールにまつわるエッセイ集。 書き手も様々なら、内容も様々。 うまいビ... もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

243
3.11
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

復興の精神 (新潮新書 422)

181
3.26
養老孟司 2011年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本の企画がいいなと思った。 有事のあとに、我々は何をするべきか、どう考えるか、、、ということを、新潮新書編集部が発したいというに対して著名人が正面から... もっと読む

カレーライスの唄 (ちくま文庫)

122
3.84
阿川弘之 2016年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルを見てなんか美味しそうなお話だなーと思って手に取りました。カレーライスって匂いだけじゃなくて文字にしても食欲をそそりますね。 ただ作品の中身はカ... もっと読む

春の城 (新潮文庫)

103
3.50
阿川弘之 1955年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第4回読売文学賞 著者:阿川弘之(1920-、広島市、小説家) 解説:猪瀬直樹(1946-、長野県、小説家) もっと読む

二十世紀 日本の戦争 (文春新書)

95
3.44
阿川弘之 2000年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Twitterー藤末健三参議院議員より http://twitter.com/fujisue/status/7962478151 もっと読む

日本人の矜持―九人との対話

86
3.44
藤原正彦 2007年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・先人のすばらしい独創性に触れるところから、卑怯を憎む心、勇気、正義、忍耐、慈愛、誠実といった武士道精神やもののあわれといった美的感受性を身につけ、失った... もっと読む

食味風々録 (新潮文庫)

72
3.30
阿川弘之 2004年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美味しかった食べ物の話だが、絡んだ人のエピソードが楽しい。もっとも良かったのは巻末の娘との気のおけない対談。2019.2.10 もっと読む

軍艦長門の生涯 (上巻) (新潮文庫)

69
4.24
阿川弘之 1982年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

開戦まではほんとにほのぼのエピソード満載。トンカツ用に飼ってた子豚が海に落ちたのを助けたら情が移ってもう食べられないとか。 もっと読む

私は幽霊を見た 現代怪談実話傑作選 (文庫ダ・ヴィンチ)

65
4.08
平山蘆江 2012年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み途中ですが、昭和を彩る恐怖体験談を一冊にの触れ込みはなんら相違なく。 もっと読む

お早く御乗車ねがいます (2011-09-22T00:00:00.000)

63
3.69
阿川弘之 2011年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田百閒-著者-宮脇俊三と鉄道についての偉大な作家3人が同じ時に日本に生きていたのが奇跡のようだ。特に宮脇氏が中央公論で著者の作品を編集していたなんて夢の... もっと読む
全398アイテム中 1 - 20件を表示

阿川弘之に関連する談話室の質問

ツイートする