片岡義男のおすすめランキング

プロフィール

1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始める。74年「白い波の荒野へ」で小説家としてデビュー。翌年には「スローなブギにしてくれ」で第2回野性時代新人文学賞受賞。小説、評論、エッセイ、翻訳などの執筆活動のほかに写真家としても活躍している。『10セントの意識革命』『彼のオートバイ、彼女の島』『日本語の外へ』『万年筆インク紙』『珈琲が呼ぶ』『窓の外を見てください』『いつも来る女の人』『言葉の人生』ほか多数の著書がある。

「2022年 『これでいくほかないのよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

片岡義男のおすすめランキングのアイテム一覧

片岡義男のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『冬の本』や『〆切本2』や『ひと粒の宇宙 (角川文庫)』など片岡義男の全1448作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

冬の本

591
3.82
天野祐吉 2012年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冬が嫌いだ。 より正確に言うと、冬に春や夏や秋と同じように生活することが我慢ならない。 冬眠させてほしい。 寝たい時に寝て、好きな本を読みふけり、よ... もっと読む

〆切本2

539
3.41
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目でお腹いっぱいだったはずなのに、二作目まで読んでしまった。 〆切りに苦しめられる作家さんたちの言い訳エッセイや詫び状たち。 私的な書簡・手紙など... もっと読む

ひと粒の宇宙 (角川文庫)

498
2.89
大岡玲 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。 多くの作家さ... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

487
3.14
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

あなたと、どこかへ。 (文春文庫)

449
3.19
吉田修一 2008年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

車に乗って出かける話ばかり集めたアンソロジー。 好きな作家が何人も書いていて、薄くて、字が大きくて読みやすそうだったので電車内読書用に購入。 ホロッと... もっと読む

あなたと、どこかへ。 eight short stories

391
3.26
片岡義男 2005年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれも30代~40代の人が主人公で、ハタチの私にとっては 彼らの悩みとか葛藤がまだわからない…というか、 将来こんな風になるのかな、って不安もできたり... もっと読む

チープ・シック: お金をかけないでシックに着こなす法

352
3.60

感想・レビュー

様々なお洒落があってとにかく面白い。 70年代アメリカらしい時代の雰囲気も強く感じられる。翻訳は片岡義男。 著者は安井かずみの親友。 もっと読む

うっとり、チョコレート (おいしい文藝)

325
3.08
伊藤まさこ 2017年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【チョコレート 本 おすすめ】チョコレート好きに読んで欲しい、チョコレート本。 - ほんのむし https://www.bookbug.jp/entry/... もっと読む

翻訳問答 英語と日本語行ったり来たり

304
3.79
片岡義男 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家の片岡義男と翻訳家の鴻巣友季子が、課題として与えられたチャンドラー、サリンジャー、カポーティなどの小説の一部を競訳し、お互いの訳について語り合う。作家... もっと読む

ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)

302
3.19
椎名誠 2014年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「メンクイ」です。 といっても「麺食い」のほう。 だけどラーメンは苦手……。中華そば系はだいじょうぶ。インスタントは袋もカップもあまり食べないけど大好... もっと読む

猫なんて!

259
3.22
角田光代 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小池真理子で泣いて 浅田次郎で笑う 意味のよくわからないお話も有るけど 作家さんは猫が好きなんだにゃ〜 もっと読む

珈琲が呼ぶ

255
2.93
片岡義男 2018年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの片岡義男。短編小説だけ読んできたので、エッセイは初めて。片岡さんの肉声っぽい文章、独特のリズム感が心地いい、片岡さんとこんなに生活圏が近かったの... もっと読む

スローなブギにしてくれ (角川文庫)

237
3.46
片岡義男 2001年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説の中にちりばめられている素材がトレンディでセンスが光る。泥臭いシチュエーションも、この作家の手にかかるとアメリカの西海岸あたりの明るい風景に替えてしま... もっと読む

極上掌篇小説

231
3.05

感想・レビュー

 SS集。短い話って作家さんのカラーがでるなあと。あえて著者名を目に入れずに読み進めていったら、「あ、好きだな」と思う方は、やはり他の著作も好きな方でした... もっと読む

文房具を買いに (角川文庫)

207
3.25
片岡義男 2010年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2、3時間であっという間に読み終えてしまった。 文房具好きな人には一読をお薦めする。 片岡さんの文房具へのコダワリ、だけじゃなく、写真、デザインへのコ... もっと読む

日本語と英語 その違いを楽しむ (NHK出版新書)

175
3.27
片岡義男 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

片岡義男は常に真面目に考察を続ける。この本でも、「日本語と英語」の相違と共通点が極めて大真面目に論じられる。故にユーモアがないところが気になるのだが、しか... もっと読む

洋食屋から歩いて5分

174
3.16
片岡義男 2012年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美しい文章が、トマトや沢庵、コーヒーを媒介に世界に溶け込んでいく 先日、麹町・赤坂見附エリアをお散歩していた際に COOK COOP BOOKさん... もっと読む

文房具を買いに

171
3.28

感想・レビュー

著者が持っている文房具を、その想いと共にカラー写真を交えて淡々と語っていくエッセーである。語るネタは、ノート・鉛筆・ボールペン・ホッチキス・消しゴム・メモ... もっと読む

彼のオートバイ、彼女の島 (角川文庫 緑 371-9)

169
3.65
片岡義男 1980年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

片岡義男が売っていたのはアメリカナイズされた都会的生活のイメージだったと思う。彼の小説には教訓もないし、芸術性もないけれど、スナック菓子のような劇的な中毒... もっと読む

豆大福と珈琲

155
2.84
片岡義男 2016年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無駄な言葉を削ぎ落とした読み心地の良かった。 男女の会話もさっぱりしてて キザに見えるセリフも片岡小説ならありだと思う。 一世を風靡した片岡義男さんが健在... もっと読む
全1448アイテム中 1 - 20件を表示

片岡義男に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×