田村隆一のおすすめランキング

プロフィール

田村隆一

一九二三(大正十二)年東京生まれ。詩人。明治大学文芸科卒業。第二次大戦後、鮎川信夫らと「荒地」を創刊。戦後詩の旗手として活躍。詩集『言葉のない世界』で高村光太郎賞、『詩集1946~1976』で無限賞、『奴隷の歓び』で読売文学賞、『ハミングバード』で現代詩人賞を受賞。ほかに『四千の日と夜』など。推理小説の紹介・翻訳でも知られる。一九九八(平成十)年没。

「2019年 『詩人の旅 増補新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田村隆一のおすすめランキングのアイテム一覧

田村隆一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『あなたに似た人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 22-1))』や『ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』など田村隆一の全311作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

808
3.64

感想・レビュー

新聞広告に掲載された殺人予告。興味本位で集まってきた村の住人たちだが、予告された時刻に電気が突然消え、銃声が響き渡る。電気が復旧した部屋には男の死体が転が... もっと読む

あなたに似た人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 22-1))

799
3.48
ロアルド・ダール 1976年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずいぶん前に読みかけたまま放っておいたので、前半部分はほぼ内容を忘れてしまった。 それでも、最初の3編(「味」「おとなしい兇器」「南から来た男」)はその... もっと読む

ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

619
3.52

感想・レビュー

フランスが舞台のポアロ長編作。今まで読んだシリーズ中一番忙しい話だった。ポアロとパリ名刑事と捜査をめぐるバトルやヘイスティングズの恋話もあって異色作という... もっと読む

チョコレート工場の秘密 (児童図書館・文学の部屋)

533
4.02

感想・レビュー

そして、ウィリー・ワンカさんの工場の前を、走りすぎたとき、少年はふりかえって、手をふりながら、歌いました。 「あなたに会える!もうすぐ、あなたに会えるん... もっと読む

ねじれた家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

513
3.66

感想・レビュー

大富豪と後妻、子孫が住む「ねじれた家」で起こる殺人事件。ポアロやマープルのようなお馴染みの名探偵でなく孫娘の婚約者が事件に挑む。相変わらず人間描写の上手い... もっと読む

夜明けのヴァンパイア (ハヤカワ文庫NV)

458
3.70

感想・レビュー

無駄に読み返した本。今考えれば荒唐無稽。だからこそ楽しいんじゃないか。作者のアン・ライスはかなりヴァンパイアについて研究している。この作品から始まるヴァン... もっと読む

なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

430
3.65

感想・レビュー

素晴らしかった! ずっとマープルが出てくると思ってたけどノンシリーズだったのね。これ。 素人探偵が好奇心と無鉄砲さと運で真実に近づいていく。 まあ灯... もっと読む

牧師館の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

429
3.50

感想・レビュー

一気読み。再読だが内容をすっかり忘れてたので犯人探しを純粋に楽しめた。語り手が怪しいアレみたいな話だったっけ?とか皮肉たっぷりのイギリスジョークや定番的な... もっと読む

邪悪の家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

398
3.50

感想・レビュー

面白かったあああああああ!!! 以前お勧めしてもらったことがあるのだけど、タイムスリップして勧めてくれた方と語り合いたい…!! ミステリーとしても面白いし... もっと読む

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

394
3.52

感想・レビュー

田舎町で起こった掃除婦の殺人事件。下宿人の男が容疑者として早々に逮捕されるが、どうもその男が犯人だとは思えないスペンス警視は、旧友のポアロに再調査を依頼す... もっと読む

死者のあやまち (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

385
3.46

感想・レビュー

真相はなかなか大胆ですし、細やかな伏線、ある人物の証言がダブル・ミーニングになっているところなどクリスティの巧さが光ります。 ただ、犯人と対峙し徐々に追... もっと読む

アクロイド殺し (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-45)

384
3.75

感想・レビュー

結末知ってるのに再読なんて昔は考えられなかったが、クリスティーを読み倒したいのと、トリックを知っていても楽しめるか試したくて。結果とても面白かった!あと、... もっと読む

魔術の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

376
3.30

感想・レビュー

ミス・マープルもの。 旧友・ルースから、彼女の妹・キャリイの家の様子を見てきてほしいと頼まれた、ミス・マープル。訪れたその邸は、敷地内に民間の少年院... もっと読む

本なんて!作家と本をめぐる52話

307
3.29
芥川龍之介 2015年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秘め事のように本を読む。古書のページのあいだに残る誰かの痕跡を愉しむ。人生のうち死ぬまでに読書できる時間を数えてみる。崩れた本の山に滑って転ぶ。同じ本を3... もっと読む

秘密機関 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

280
3.74

感想・レビュー

第一大戦直後、幼馴染のトミーとタペンスが地下鉄の出口で再会。 お金のない、若い(二人合わせて四十五にもならない!)二人は、 青年冒険家商会なるものを結... もっと読む

腐敗性物質 (講談社文芸文庫)

278
4.03
田村隆一 1997年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「言葉のない世界」は衝撃だった。書き写して一時期携帯していたこともあった。 もっと読む

ABC殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

274
3.52

感想・レビュー

アガサクリスティの有名なミステリー。図書館で借りて読みました。多分一度読んだことがあるはずなんだけどなあ…。 確かこの中の誰かを殺したいためにABC... もっと読む

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-67)

240
3.62

感想・レビュー

クリスティーの処女作にしてポアロ初登場作品。中盤までいろいろな出来事や証拠が提示され、どうなってるのか混乱しそうになるが、最後には全ての事柄が収まるところ... もっと読む

チョコレート工場の秘密 (てのり文庫 (566C008))

231
3.85

感想・レビュー

まずしい少年チャーリーに、世界一のお菓子工場見学の金券が当たった。招待された5人の子どもたちにつぎつぎとあかされる、アッとおどろく工場のものすご~い秘密ー... もっと読む
全311アイテム中 1 - 20件を表示

田村隆一に関連する談話室の質問

ツイートする
×