田村隆一のおすすめランキング

プロフィール

田村隆一

一九二三(大正十二)年東京生まれ。詩人。明治大学文芸科卒業。第二次大戦後、鮎川信夫らと「荒地」を創刊。戦後詩の旗手として活躍。詩集『言葉のない世界』で高村光太郎賞、『詩集1946~1976』で無限賞、『奴隷の歓び』で読売文学賞、『ハミングバード』で現代詩人賞を受賞。ほかに『四千の日と夜』など。推理小説の紹介・翻訳でも知られる。一九九八(平成十)年没。

「2019年 『詩人の旅 増補新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田村隆一のおすすめランキングのアイテム一覧

田村隆一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『あなたに似た人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 22-1))』や『ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』など田村隆一の全296作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

762
3.64

感想・レビュー

チッピング・クレグホーンという小さな村のコミュニティ誌に「リトル・パドックスで殺人があるから、お越しをお待ちします」という広告が載る。リトル・パドックスは... もっと読む

あなたに似た人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 22-1))

757
3.47
ロアルド・ダール 1976年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずいぶん前に読みかけたまま放っておいたので、前半部分はほぼ内容を忘れてしまった。 それでも、最初の3編(「味」「おとなしい兇器」「南から来た男」)はその... もっと読む

ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

555
3.52

感想・レビュー

ちょwおまwヘイスティングさん何してんのwwと笑いが止まらない作品でした。そしてジロー警部がいい味出してます。華麗な嫌味とポアロの返しが好きすぎる。フラン... もっと読む

チョコレート工場の秘密 (児童図書館・文学の部屋)

521
4.02

感想・レビュー

そして、ウィリー・ワンカさんの工場の前を、走りすぎたとき、少年はふりかえって、手をふりながら、歌いました。 「あなたに会える!もうすぐ、あなたに会えるん... もっと読む

ねじれた家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

452
3.68

感想・レビュー

映画が公開されたので、観に行く前に読んでみた。 昔に読んだ事があったようでなんとなく結末が分かってしまったけれど、登場人物の性格描写が面白いと思う。 ... もっと読む

夜明けのヴァンパイア (ハヤカワ文庫NV)

444
3.67

感想・レビュー

無駄に読み返した本。今考えれば荒唐無稽。だからこそ楽しいんじゃないか。作者のアン・ライスはかなりヴァンパイアについて研究している。この作品から始まるヴァン... もっと読む

牧師館の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

410
3.50

感想・レビュー

初マープル。 ポアロは過去にも何作か読んだことはあったが、 マープルにはなぜか手つかずだった。 テレビで見た覚えはなぜかあるのだが。 登場人物... もっと読む

邪悪の家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

371
3.47

感想・レビュー

その設定は無理があるやろと訝っていたら、その無理も伏線でした。でも、その伏線にポアロも騙されたということは、ポアロも老いたもんですな。となりますが、ポアロ... もっと読む

なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

364
3.61

感想・レビュー

久しぶりに完読した本。なぜか長い間読めなかった。さて、内容は、カップル探偵の冒険もの。ポアロ、マープルシリーズ以外ではカップルものが多いのか。途中はどうな... もっと読む

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

350
3.51

感想・レビュー

マギンティ夫人殺しで死刑の確定した間借り人のベントリイ。当の本人を逮捕したスペンス警視は実はベントリイは犯人ではない気がするとポアロに再調査を依頼する。 ... もっと読む

死者のあやまち (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

347
3.49

感想・レビュー

真相はなかなか大胆ですし、細やかな伏線、ある人物の証言がダブル・ミーニングになっているところなどクリスティの巧さが光ります。 ただ、犯人と対峙し徐々に追... もっと読む

魔術の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

333
3.27

感想・レビュー

中心となる女性は死別、離別のあと今は3度目の夫と暮らし夫婦とも更生の理想を持ち少年院を運営している。2度目の夫の連れ子の男性2人が暮らし、養女の孫夫婦、実... もっと読む

アクロイド殺し (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-45)

331
3.75

感想・レビュー

著者:アガサ・クリスティ(Christie, Agatha, 1890-1976、イングランド、小説家) もっと読む

本なんて!作家と本をめぐる52話

290
3.27
芥川龍之介 2015年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秘め事のように本を読む。古書のページのあいだに残る誰かの痕跡を愉しむ。人生のうち死ぬまでに読書できる時間を数えてみる。崩れた本の山に滑って転ぶ。同じ本を3... もっと読む

秘密機関 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

266
3.74

感想・レビュー

第一大戦直後、幼馴染のトミーとタペンスが地下鉄の出口で再会。 お金のない、若い(二人合わせて四十五にもならない!)二人は、 青年冒険家商会なるものを結... もっと読む

腐敗性物質 (講談社文芸文庫)

257
4.03
田村隆一 1997年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「言葉のない世界」は衝撃だった。書き写して一時期携帯していたこともあった。 もっと読む

ABC殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

250
3.51

感想・レビュー

アガサクリスティの有名なミステリー。図書館で借りて読みました。多分一度読んだことがあるはずなんだけどなあ…。 確かこの中の誰かを殺したいためにABC... もっと読む

チョコレート工場の秘密 (てのり文庫 (566C008))

229
3.84

感想・レビュー

まずしい少年チャーリーに、世界一のお菓子工場見学の金券が当たった。招待された5人の子どもたちにつぎつぎとあかされる、アッとおどろく工場のものすご~い秘密ー... もっと読む

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-67)

223
3.64

感想・レビュー

クリスティーの処女作にしてポアロ初登場作品。中盤までいろいろな出来事や証拠が提示され、どうなってるのか混乱しそうになるが、最後には全ての事柄が収まるところ... もっと読む
全296アイテム中 1 - 20件を表示

田村隆一に関連する談話室の質問

ツイートする