村田沙耶香のおすすめランキング

プロフィール

村田沙耶香(むらた さやか)
1979年、千葉県印西市生まれ。二松學舍大学附属柏高等学校、玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。
2003年『授乳』で第46回群像新人文学賞優秀賞を受賞しデビュー作となる。2009年『ギンイロノウタ』で第22回三島由紀夫賞候補及び、第31回野間文芸新人賞受賞。2010年『星が吸う水』で第23回三島由紀夫賞候補。2012年『タダイマトビラ』で第25回三島由紀夫賞候補。2013年、しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。2014年『殺人出産』で第14回センス・オブ・ジェンダー賞少子化対策特別賞受賞。2016年『コンビニ人間』で第155回芥川龍之介賞受賞。
2018年8月末、『地球星人』を刊行。

村田沙耶香の関連サイト

村田沙耶香のおすすめランキングのアイテム一覧

村田沙耶香のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『コンビニ人間』や『殺人出産』や『消滅世界』など村田沙耶香の全87作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

コンビニ人間

9365
3.61
村田沙耶香 2016年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読後、自分の立ち位置がぐらぐらと揺らぐような感覚に襲われた。淡々とした文章が読み易く、一気に読了したものの、何とも複雑な感情が渦巻いて、簡単に面白い/面白... もっと読む

殺人出産

1262
3.27
村田沙耶香 2014年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日、村田さんのエッセイを読んだ。クレイジ-ではなかったのでほっと胸をなでおろした。(思っていたよりもノーマルなエッセイ)。『殺人出産』で村田作品4冊目。... もっと読む

消滅世界

1260
3.21
村田沙耶香 2015年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雑誌に紹介されていて気になっていました。 初村田沙耶香さん。 超好みの話のうえ、読みやすい。 さくさく読めて一気読み。 今この日本で起こってい... もっと読む

殺人出産 (講談社文庫)

1023
3.42
村田沙耶香 2016年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞の「コンビニ人間」が面白かったので、文庫化した「殺人出産」を読んでみた。ずっと気にはなっていた本。だって殺人出産だよ…! 殺人出産。すごい言葉。 舞... もっと読む

しろいろの街の、その骨の体温の

955
3.70
村田沙耶香 2012年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

見事に少女の心を書ききっている。圧巻だった。 そのあまりのリアリティに自分の子供時代の思いと主人公の結佳の気持ちがないまぜになって、読めば読むほど苦しく... もっと読む

しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫)

868
3.99
村田沙耶香 2015年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西加奈子さんや朝井リョウさんがおすすめしていたので気になっていたまま、文庫落ちと知ってすぐに買いに走った。 「思春期の~」とか言ってたような気がする、く... もっと読む

コンビニ人間 (文春文庫)

708
3.82
村田沙耶香 2018年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村田沙耶香『コンビニ人間』文春文庫。 テレビで芸人などが絶賛していた芥川賞受賞作。正直言って、面白いとは思わなかった。36歳で未婚の女性主人公がコン... もっと読む

授乳 (講談社文庫)

481
3.17
村田沙耶香 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作は、母と娘の関係性がイビツすぎてとても怖い。意志薄弱な家庭教師は利用されただけというか、支配欲=母性のはけ口としてのペットのようなものでしかない(と... もっと読む

マウス (講談社文庫)

480
3.47
村田沙耶香 2011年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学校五年生、内気な女子と同じクラスで心を閉ざす女の子が友だちになったことで物語が動き出す。クラス内ヒエラルキー的な女子のやりとりは辛辣だが、大人になって... もっと読む

コンビニ人間 (文春e-book)

468
3.79
村田沙耶香 電子書籍 2016年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結婚しなくても、就職しなくても、本人が決めた快適な生き方なら誰も何も追求すべきではない。そこから外れることが異常で、おかしなことだと決めつけるべきではない... もっと読む

タダイマトビラ

302
2.93
村田沙耶香 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家事や育児を義務としてしかこなさない母親のせいで、家族というシステムに疑問を感じている恵奈。 恵奈はそのさみしさと満たされない欲求を「カゾクヨナニー」とい... もっと読む

ギンイロノウタ (新潮文庫)

291
3.27
村田沙耶香 2013年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作と「ひかりのあしおと」の中篇2作。どちらも、両親に愛されず、他者と上手く交われず、内側に狂気を抱え込んでしまう少女の話。精神状態が良好なときに読まな... もっと読む

ギンイロノウタ

266
2.92
村田沙耶香 2008年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに読み進めるのが辛い本だった。 でも、読み進めなきゃならない気持ちにさせられる。 ちょっと怖いぐらい。 短編二つとも、「何か」に怯えそこから狂気... もっと読む

地球星人

248
3.50
村田沙耶香 2018年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あわわわ 静かに読み始めたのにギョギョ 途中からギョエー いいのか?! ラストは ヤメテー 人間って? するどく突きつける 村田紗耶香さん すごすぎ 「コ... もっと読む

ハコブネ

239
2.91
村田沙耶香 2011年11月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それぞれ違った感覚を持ちそれぞれに思い悩む3人の女性たちの物語。 19歳の里帆は男性とのセックスが辛い。自分の性に自信が持てない彼女は、第二次性徴をやり... もっと読む

変愛小説集 日本作家編

234
3.00
川上弘美 2014年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでる時はパンチ力がないなあ、と感じていたが、読後、それぞれの持ち味を反芻してみると、いやいやどうしてくせものばかりです。最初の川上弘美さんが印象的だっ... もっと読む

星が吸う水 (講談社文庫)

229
2.90
村田沙耶香 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三冊目。 今まで読んだ中で、いちばん既視感のある話。 女性の身体って、分かりにくい。 それは、見えないことが多いからかもしれない。 それは、闇... もっと読む

きれいなシワの作り方~淑女の思春期病

214
3.45
村田沙耶香 2015年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村田さんより少し(・・・というか、だいぶ?) 世代が上の私から一言。 フッ。。。本当の劇的変化はここからよ( ̄∇ ̄) 30代の入り口なんて軽い反抗期... もっと読む

消滅世界 (河出文庫)

212
3.16
村田沙耶香 2018年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

セックスではなく人工授精で、子どもを産むことが定着した世界。そこでは、夫婦間の性行為は「近親相姦」とタブー視され、「両親が愛し合った末」に生まれた雨音は、... もっと読む

タダイマトビラ (新潮文庫)

209
3.33
村田沙耶香 2016年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

両親には満たしてもらえない欲求を、名前を付けたカーテンに抱擁されて処理してる。 そんな子ども時代。 そして大人になってから。 人が社会で生きるとき、普通は... もっと読む
全87アイテム中 1 - 20件を表示

村田沙耶香に関連する談話室の質問

ツイートする