丸谷才一のおすすめランキング

プロフィール

1925-2012。作家・英文学者。山形県生まれ。東京大学英文科卒。「年の残り」で芥川賞、『たった一人の反乱』で谷崎潤一郎賞など受賞多数。他『後鳥羽院』『輝く日の宮』、ジョイス『ユリシーズ』共訳など。

「2016年 『松尾芭蕉 おくのほそ道/与謝蕪村/小林一茶/とくとく歌仙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸谷才一のおすすめランキングのアイテム一覧

丸谷才一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『思考のレッスン (文春文庫)』や『文章読本 (中公文庫)』や『笹まくら (新潮文庫)』など丸谷才一の全376作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

思考のレッスン (文春文庫)

640
3.67
丸谷才一 2002年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書にも現れているが、丸谷才一の考え方やものの見方は面白いなぁと思うときがある。こだわりがあったり、裏づけがあったり、など。本を読む限りでは、害になる事は... もっと読む

文章読本 (中公文庫)

610
3.59
丸谷才一 1995年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『考える力をつける本』の著者である轡田隆史氏の推薦書。 轡田氏曰く「文章について読むべき一冊だけを挙げろといわれたら、ためらいなく『文章読本』を推す」と... もっと読む

笹まくら (新潮文庫)

482
4.00
丸谷才一 1974年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

徴兵忌避に成功した男を主人公に据えた物語。戦後二十年が過ぎ、大学職員として出世の派閥のという競争に汲々としている現在と、戦時中に憲兵の目に怯えながら全国を... もっと読む

樹影譚 (文春文庫)

239
3.70
丸谷才一 1991年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

次も「第三の新人」です。 って、急に言われても何のことか分からないですね。 この本の前に、安岡章太郎「ガラスの靴・悪い仲間」(講談社文芸文庫)を読んだ... もっと読む

輝く日の宮 (講談社文庫)

227
3.76
丸谷才一 2006年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんという 小説なのだろうか。 松尾芭蕉の奥の細道  そして源氏物語を ひもといていく。 その徹底した構成力と 文体の変化に 作者自身の 智力... もっと読む

女ざかり (文春文庫)

227
3.51
丸谷才一 1996年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「女ざかり」丸谷才一さん。1993年。 # 丸谷才一さんなので、大抵面白いのです。 丸谷さんの小説は、好きになったらもう、全部好き。噺家の語り口みたい... もっと読む

猫なんて!

195
3.22
角田光代 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小池真理子で泣いて 浅田次郎で笑う 意味のよくわからないお話も有るけど 作家さんは猫が好きなんだにゃ〜 もっと読む

ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)

191
3.19
椎名誠 2014年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「メンクイ」です。 といっても「麺食い」のほう。 だけどラーメンは苦手……。中華そば系はだいじょうぶ。インスタントは袋もカップもあまり食べないけど大好... もっと読む

快楽としての読書 日本篇 (ちくま文庫)

172
3.55
丸谷才一 2012年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つまらないので、途中で読むのを止め捨てた。 もっと読む

完本 日本語のために (新潮文庫)

167
3.90
丸谷才一 2011年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

丸谷才一氏の個人的見解に過ぎないのだとしても、 高評価な小林秀雄の文章が一向に理解できない自分に向けられた残念感が緩和された一冊。 なんであんな解りづらい... もっと読む

文学のレッスン (新潮文庫)

153
4.25
丸谷才一 2013年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平成22年、ということは、2010年に出た本。だそうです。 丸谷才一さんが、聞き手の湯川さんという人との対談形式で、古今東西のあれこれについて薀蓄オモシ... もっと読む

持ち重りする薔薇の花

142
3.56
丸谷才一 2011年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年一冊目。 以下、ネタバレ含む。 丸谷才一は『輝く日の宮』の印象が強かったけれど、『女ざかり』も既読だった。 どちらも、もう7年... もっと読む

快楽としての読書 海外篇 (ちくま文庫)

141
3.90
丸谷才一 2012年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本を切らしてしまった。読むに価する本をどうにかして調達せねばならぬ。そういうときどうするか。私なら書評に頼る。新聞や雑誌には書評欄というスペースがあって、... もっと読む

日本史を読む (中公文庫)

137
3.81
丸谷才一 2001年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史家には語れない日本史。小説家・劇作家の想像力と妄想力を駆使している。要するに、その時代に生きていた個人という視点から歴史を見ているために、例えば歌舞伎... もっと読む

口訳万葉集/百人一首/新々百人一首 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集02)

121
4.00
折口信夫 2015年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「口訳万葉集」折口信夫 日本最古の歌集を、昭和の鬼才折口信夫が訳していた。しかも、口述筆記。3人の友人がテキストだけで辞書も持っていない折口から書き取ると... もっと読む

思考のレッスン

114
3.58
丸谷才一 1999年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本の読み方, ものの考え方, 文章の書き方の参考になる. レッスンとあるが, 作者の対談をまとめたものであり, 思考方法についてのHowTo本ではない. ... もっと読む

文学全集を立ちあげる (文春文庫)

110
3.84
丸谷才一 2010年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新しいカノン(正典)として「文学全集を立ち上げる」ために当代きっての博識碩学の批評家文学者作家のやんややんやの鼎談ですが、これはあくまで「仮想全集」目録作... もっと読む

快楽としてのミステリー (ちくま文庫)

108
3.85
丸谷才一 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館でこないだ、まとめ借り(そんな言葉あるか?)したうちの一冊。特に予備知識もなく、適当に借りてみたが、佐渡さんの本と同様大当たり。 最近、こりゃ大当... もっと読む

輝く日の宮 (文芸第一ピース)

105
3.52
丸谷才一 2003年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

輝く日の宮とは「源氏物語」においてかつて存在し、が何らかの理由で失われてしまった帖の名前である。いくつか説があり存在していたがなくなった説(なくなった理由... もっと読む

たった一人の反乱 (講談社文芸文庫)

103
3.67
丸谷才一 1997年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと女性を下に見ているんじゃないかとも思ったけれど、けっきょく本作で勝利しているのは女性ばかり。本作の主人公のようなおじさんは今もこの世にわんさかいる... もっと読む
全376アイテム中 1 - 20件を表示

丸谷才一に関連する談話室の質問

ツイートする